上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.20 「しずく」
いかさま師


       いかさま師      柳原慧



私もこの絵を初めて見た時
その視線や
背中に隠されたトランプのカードを
穴があくほど見つめてしまいました。


二人の天使の絵って実在するんでしょうか?
絵に疎い私にはわかりませんが
実在するなら見てみたいです。

2008.04.07 「あなた」
とりつくしま


       とりつくしま     東直子




死んだあなたに、「とりつくしま係」が問いかける。
「心残りはありませんか? 何かモノにとりついて、一度だけこの世に戻ることができますよ」


私だったら何にとりつこう?
やっぱり娘の姿が見られるもの。
できることなら、ずっと。
だから消耗品ではなく、簡単に壊れてしまうものでもなく・・・。
そういったものがまだ娘の周りにはない事に気がつきました。

この本の出だしが
まさか40代で死ぬとは・・・で始まるのですが
私も、もう「死」が遠いものではないことに
改めて愕然としました。

さて、私は何にとりつこう・・・。


2008.03.23 「猫鳴り」
猫鳴り


       猫鳴り     沼田まほかる



一匹の猫のまわりでの静かな人間模様。
そしてその猫が死を受け入れるさま。
その潔さ。
人間にはこの潔さはないかもしれない。
私はどうやって自分の死を受け入れるのだろうか。

チョコリエッタ


       チョコリエッタ     大島真寿美


「犬になりたい」
本当の名前はチョコリエッタ。
そんな女の子の話。
さらっと2時間ほどで読めてしまいました。
この空気感はほど良い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。