上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が高校を卒業し専門学校に入学。
人生の節目。
1か月ほどかけて娘の部屋の大掃除をしました。
クローゼットの中も全て出してみました。


その中から出てきたダンボール箱三つ。
これは私のガラクタがつまっています。
昨日、この箱の中から出てきた日記。

私が何歳だったのかも不明ですが
こんなおもしろいページがありました。



      咳が全然止まらない。
     お母さんから、ずっと寝ときなさいと言われたので
     昨日からずっと寝てる。
     それでも咳が止まらない。
     そしたら、お母さんが急にテレビで見たとかいって
     咳止め作用があるとかで
     部屋の真ん中に、にんにくをぶら下げられた。
     私はドラキュラか!




これを読んでその時の記憶が甦ってきました。
ずっと思い出しもしなかった記憶です。



なんか、ダンボールの中から
まだまだおもしろいものが出てきそうです。
楽しみ・・・(笑)



ちなみに「にんにく」効果はなかったと思います(笑)

娘とこんな所に行ってきました。





こんなトコです。

A P1020778_convert_20080420112244



【おでかけ】 1      【おでかけ】 2




どこの街並みだと思いますか?
何だかタイムトリップしたような街並みですよね。


実はここです。





ここで娘が携帯落として大慌て、
落し物で届いていて無事戻ってきましたが(笑)


少し季節がずれてしまいましたが
娘の高校の卒業式で感じたことを
今度、話します・・・って言いながら
その機会を逃してしまっていたので
少し季節外れで、昔の話になってしまいますが
お話させていただきます。



高校の卒業式。
どこの学校でも同じようにそのメインは
卒業証書授与。
担任の先生が生徒、一人一人の名前を読み上げていきます。

高校生にもなると
「じゃまくさ~い」とか「うざった~い」って感じでしょうか
大きな声ではっきり返事をする子どもはほんの少数でした。


そんな中でも式は進んでゆき
最後のクラスになりました。
そこで私は違和感を感じたのです。
今までのクラスの子どもたちと返事の仕方も違うし
担任の先生の名簿の読み方も
何か、ちがう。


私がその時に感じたのは
先生が生徒の名前を呼ぶのに
全く愛情が感じられなかったこと
ただ単に紙に列記されている日本語を読んでいる・・・といった感じ。
そして生徒の方も
返事なんてしたくもないって感じ。


私の思い過ごしだろうと帰宅したのですが
帰ってきてから娘が私に聞きました。


「最後のクラス、どう思った?」と。

そこで私は式の時に感じたことをそのまま言うと

「お母さんってすごいな。なんでわかったん!」

娘の話によると
そのクラスは担任と生徒の間に信頼関係が全くなく
式のあと、普通は担任の先生に花束を渡してみたり
クラスのみんなで寄せ書きをしてプレゼントしてみたりと
何かしら生徒から先生へのサプライズがあるものです。
全て終了しても
教室から去りがたいものですよね。
でもそのクラスだけは
はい、おしまい。さようなら。と
教室に残る生徒は誰一人としていず、
ましてや、先生へのサプライズなんて何もなかったそうです。


そういった感情が式の間にもにじみ出てくるものなんだなーと
驚きました。
そして、自分の娘がそういうクラスに在籍していなかった事は
本当にラッキーなことで
そんなクラスで高校生活を終えた子どもたちが
不憫でなりません。





2008.03.09 娘の卒業式。
私の勤める保育園での発表会があるというのに
お休みをいただき
娘の卒園式に行きました。
   先週の話ですが・・・。


園の発表会を取るか
娘の卒業式を取るか
悩みました。
一緒に担任をしている1年目の先生に少し話したところ・・・
実はこの先生の弟と娘が同級生なんです。

この先生がひとこと言ってくれたんですよね。
自分の高校の卒業式には両親が来てくれたこと。
弟の卒業式にはお母さんも行かれること。
そして自分だったらやっぱりお母さんに来て欲しいこと。

このひとことで私の気持ちは決まりました。
娘の卒業式に参加することにしました。

「高校の卒業式なんか、普通行く?」
なんて文句も少々あったようですが
発表会で私の変わりをしてくれる人はいるけれど
娘の卒業式に行けるのは私だけですから。


そして、卒業式にどうしても参加したかったもうひとつの理由があります。

それは別れたもとダンナです。
卒業式に行くと言っていたそうです。
それが数日前に「行けなくなった」と。
いつでも、そういう人でした。
よく考えもせずに約束をして、守られる事の方が少なかった。
娘は態度にも表情にも表しませんでしたが
落胆したことと思います。

何としてでも私だけでも娘の晴れ姿を見届けたい。
この姿を見られる私は幸せなのです。
誰にも奪われはしない私の幸せなのです。



と、最後は変な話になってしまいましたが
この卒業式で感じた変な空気の話を次回はしたいと思います。




昨日の夜に自分で作ってしまいました。



いつも使っているリンスがなくなったので
買い置きをしていた詰め替え用を
ポンプに入れたんですよね。

その夜、使った時に少しの違和感があったのですが
すぐにはそれが出来上がっていた事には気がつかなかったんです。



今朝になって
何かおかしい・・・
昨日入れたはずのリンスのポンプを持ち上げたら
カラに近い軽さ・・・


ハハハ・・・


シャンプーの容器にリンスを
思いっきり注ぎ入れてしまったようです。


自分でリンスインシャンプーを作ってしまいました。




すぐに気がつかなかった事にもショックです・・・。


シャンプーよりリンスの分量の方が多いので
リンスとして使おうと思ってます。
決して捨てたりなんかしませんよ。


我家の掃除機は
かれこれ20年近く働いてくれている。

20年も働くと掃除機も疲れてきたのか
最近は息切れが目立ち
「働きたくない」と抵抗するようになってきた。


以前からの症状は
掃除機をかけていると
ブォーーーーーン・・・・・
      ブォーーーーーーーン・・・・
と、電気が切れそうで切れなくて切れそうで・・・
を繰り返すようになっていました。
それでも、「まだ使える」と使っていたので
今度は抵抗しだしました。


コンセントを引き出すと
勝手にコンセントを巻き戻すのです。(最初にこれに遭遇した時は爆笑しました)
何とか引き出してコンセントを差し込んでも
コンセントの余裕のある分は
巻き戻してしまい。
いっぱい、いっぱいの状態で使用しております。

掃除機の無言の抵抗。



そろそろ、買い替え時か・・・。



MDデッキも録音ができなくなってしまったし・・・




          お正月 くま


あけましておめでとうございます。

昨年は皆々様に
元気をわけていただいたり
心を支えていただいたり
ともに笑顔になったり
大変、大変お世話になりました。
ありがとうございました。             
                  ありがとう 6



昨年後半から
ブログに向かう時間と体力を
作る事ができず
更新ができないままで
開店休業のような状態になってしまいました。


今年も今、担任している子供たちが
卒園するまでは
不器用な私はブログの更新が
なかなかできないと思います。
でも、皆さんの所には遊びに行きますので
よろしくお願いします。



世界が平和でありますように。
皆さんが幸福でありますように。
我家も平和でありますように。
娘が元気で楽しく過ごせますように。
私も元気で嬉しい日々でありますように。




今年もよろしくお願いいたします。   ねずみくん 4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。