上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.08 「秘密」
東野圭吾さんの「秘密」を読みました。
以前にでるたさんに教えていただいてから
東野圭吾さんの作品を何冊か読んだのですが
この「秘密」はとっても切なかったです。

そういえばこの本は映画化されてましたね。
映画は観ていないので
本と全く同じ内容なのかどうかはわかりませんが。

本当に切なかったです。
私だったらどうしただろう?
嘘をつき通す、知らないふりをし通すなんていう
究極の愛は私には持てないような気がします。
そういう「愛」を知らない私は不幸なのかもしれません。


ところで今度
東野圭吾さんの「白夜行」がドラマ化されますね。
確か今週から放送が始まるはずです。
このドラマを見るべきかどうか悩んでおります。
まだ「白夜行」を読んでいないので正直な所、見たくありません。
私はドラマや映画を見てしまうと読む気がなくなっちゃうんです。
反対に原作を読んでから見るっていうのはOKなんですが。
ただし、原作で感動したものは映像ではなかなか感動できないです。
幻滅する方が多いですね。


昔「赤毛のアン」のシリーズが大好きでした。
映画化されたのでとっても楽しみに観に行きました。
ところが、ガックリ 悲しい
「赤毛のアン」の文章の間から感じる微妙なものが
映像では全然伝わってこなかったんです。


さぁ、「白夜行」観ようかなぁー、どうしようかなぁー うーん…


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/85-78a657bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。