上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.07 妖怪先生。
昼食を食べている時
またまた年齢の話になりました。


Sくん「ぼくのおにーちゃんなぁー、もう、こんだけやねんでー!」
                        と指で7歳を示す。

このSくんの一言からあちらこちらで
あの人は何歳とか
この人は何歳とかの年齢話に花が咲きました。


そんな中、誰かが「~18歳」と発したところ


Kくん(4歳)が反応!




「じゅうはっさい~!?


   じゅうはっさいなんて、もう、しんでるわ~!!








その場にいた3人の先生たちはかたまってしまいました。

私たちって何?

すでに死んでる?

妖怪?

魔女?



先生「Kくん、先生たちが何歳やと思ってるの?」


この質問で自分の発言がやばかった事に気付いたKくんの答えは


「18歳・・・か・・・な・・・?」




私たちは死にかけ?


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/65-3467e97e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。