上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.01 本への意識。

高校3年の娘、なぁーの
高校生活が昨日で終わりました。
  (正確には卒業式が残っているのですが)


学校に置いていた荷物をどっさりと
持って帰ってきたのですが・・・



親の監督不行き届きが一番の原因ですが
1年や2年生の時の教科書も
数冊、ロッカーに入れたままにしていたらしい。
もともと、計画性のない娘なので
昨日までに順に
数冊ずつ持って帰ってくるなんてことはしていなかったため
一度に持って帰れない教科書が
ロッカーの中に・・・。
でもロッカーの使用は昨日までしか許されていないのです。


それでも私としては持って帰って来て欲しかった。
持って帰れない分は
どこか、学校の隅の方に置いといてもらい
順に持って帰って来るという考えをもって欲しかった。


でもね、
「全部、捨ててきた」らしいのです。
もう使わない教科書だから
家に持って帰ってきても使わないから
結果としては同じように捨てる(廃品回収ですが)けれど
それでも一度は家に持って帰ってきてから
きちんと捨てて欲しかった。

学校で捨てるなんて
まず、第一に学校側、先生達が許さないだろうって思っていたら
「先生が捨てて行っていい」と言ったらしい
たくさんの教科書が山積みになっていたらしい。
娘も同じことをしてきただけ。


まず、第一に責められるのは私自身です。
娘の持ち物の把握すら全くできていなかったのですから。


でも、私の考え方が古すぎるのか
それとも、変わっているのか?


お世話になった教科書を
家に持ち帰らずに、学校で捨ててくるということ
それを学校側が認めているというか
「どうぞ」とまで言っているのが
どうしても信じられず
そして間違っていると思うのです。



こんな風に感じてしまうのは私だけでしょうか?


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/414-24a20cf1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。