上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
困った保護者たちが多い中
そんな親たちをいかに育てていくか
そしてともに学んでいくかはとっても難しいことですね。

数学や科学のように方程式はなく
親によって考え方も感じ方も違い
相性もあることでしょう。

私はただ、ただ
信頼関係を築いていくしか方法はないように思います。

その日の出来事を話し
子どもさんの小さなつぶやきを伝えたり
時には自分の子育ての失敗談や
夫婦の難しさなんかも話したりしながら
会話をするように努力をしています。
相手の事を知りたい時には
少しは自分の事もさらけ出さないと
なかなか心を開けてはもらえないようです。
その点、独身の若い先生は不利かもしれませんね。
私には結婚の経験もあり、出産の経験もあり
子育ての経験もあります。
夫婦の難しさも知っています。



数年前の話ですが
自分の仕事が休みなのに
子どもを預けるお母さんがいらっしゃいました。
園長からの指示もあり
「休みの日には子どもさんと一緒に過ごす時間を持ってあげて欲しい」と
話したところ激怒され、こう言われました。
「毎日規則正しい生活を身につけさせたいから
             登園させているんです!」
しかし、このお母さんは遅刻の常習犯でした。
私はこの時、お母さんの言い分を認めながらも
お母さんの生活態度を批判しました。
「そういう事を理由に登園されるのなら、お母さんがまず時間を守ること、
人間だから時には遅れる事もあるでしょう。そういう時には電話を入れて下さい。
そうする事でお母さんの主張は初めて認められますよ。」って
少々偉そうに言ってしまいました。
半年以上かけて築いた信頼関係が崩れそうになった時だったので
私も必死でした。 
こんな事が言えたのも今までの信頼関係があったからこそかもしれません。


まー、でも、
このお母さんの遅刻常習は治りませんでした


あー、難しい!
毎朝、泣いて登園するのはお母さんに原因があるんだよって
言いたい!

困った親ほど保育園に文句を言ってくるような気がします。


最後に保護者の方に一言申し上げたい。
保育士だって人間です。
保育士だってガマンの限界があります。
我が子がかわいいのなら
お母さんも保育士さんに好かれるように努力しましょう。
保護者が嫌われると子どもだって嫌われるかもしれませんよ。
私は決してそういうことはしませんが・・・
保育士だって普通の人間です
お互いに思いやりの気持ちを持ちたいですね



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/26-ec98a3b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。