上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝、運動会の時の保護者の様子を少し書いたところ
同じ保育士をしているつぼみっこさんからコメントをいただきました。
つぼみっこさんが言ってるように最近の保護者は本当に大変です。

いい機会なので日頃たまっているうっぷんを吐き出したいと思います


ウチの保育園は少し特殊な形態なので(詳しくは控えさせて下さい)
通常の保育園より困った親が多いように感じます。




洋服が汚れたので着替えようと思ったら
お着替えが一枚も入っていない。
仕方ないので園用の洋服をお貸しいたしました。
次の日、それ着て登園しないでよ~




園に提出する書類の締切日が過ぎても持ってこられないので
何度か持ってきてもらうようにお願いしました。
4~5日過ぎても持ってこられないので
「今日中に持ってきてもらえますか?」と言うと
「ムリ!」
「では、明日の朝一番にお願いします」
「ムリ!」
遅れてすいませんの一言もなく「ムリ!」の一言だけ。
「じゃー、退園ということですね。」
っていう一言は飲み込みました



普通は親が休みの日は子どももお休みすることが多いです。
でも自分が休むことの方が大事で
親が休みでも子どもは保育園に預けるって人もいます。
ウチは休日保育もしているので日曜日だって預けます。
で結局、子どもは10日連続登園しまーす・・・って
子どもだって疲れるんです。お休みさせてあげて下さい。
これだけは保護者にはっきり申し上げました



朝ごはんなしで登園してくるなんて当たり前。
給食の時間になると、これでもかって食欲を見せる子どももいます。


子どもの体調が悪いので電話で早めのお迎えを頼むと
「仕事を途中で抜けることはできない。無理です。」
とおっしゃったお母様。
その数日後、今日は友達とご飯食べるので早引けしてきました~って
お迎えに来られた


まだまだ、2~3日書き続けられるくらい色々とあります。
登園時間やお迎えの時間を守らないなんていうのは毎日のようにありますし
園の色々な行事の時も、お母様どうしは座り込んでお話しするのに忙しくて
園長が話そうが、職員が何をしようが聞かないですね・・・。
でもそういう親を非難、批判するのではなく
親をも育てないといけない時代のようです。
子どもを保育する仕事は簡単なものじゃありません。
でも、親を育てるのはもっと簡単ではありません。

子どもが好きで保育士を目指している方には一言申し上げたい。
保護者対応という仕事も覚悟して保育士を目指して下さい。
今の時代はどうなのかわからないけれど
幼児教育学科の科目のひとつに保護者対応を入れて欲しいくらいです。
保育士になるために短大で勉強していた大昔、
保護者対応のことは何も教えてもらえなかったぞー!


と、時々思う今日この頃であります。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/24-2da29b3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。