上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が保育をしている部屋には簡単なキッチンが隣接されており
お客様が来られた時などは
そこでお茶やコーヒーを用意したり
職員の休憩時間のお茶を入れたりもします。


お客様のお茶を用意する時
一番近くにいるのが「私」という事になります。
でも私は保育中で手を離す事はできないので
その時間に手の空いている先生がお茶を用意しにくるのですが


1年目の先生がお茶を入れに来ると大変です。
近くにいる私に
これでいいのか?あれでいいのか?と
事細かに聞いてきます。
聞いてこない時もそばで見ていると
ヒヤヒヤものです。


日本茶を入れても
「うすいかも?」
「こいかも?」と思い悩み
何度も入れなおしたあげく
「薄いみたい」とお茶ッ葉をスプーンで
ギュ―と押して搾り出している・・・。

コーヒーを出すにしても
お客様に出すようなサイズではないカップにコーヒーを入れている。
  (マグカップでだすようなもの)


家でした事ないから仕方ないよね。
何度も経験して、失敗して覚えていって下さいな。



この1年目の先生が
先日、休憩時間にコーヒーを入れてくれた。
自分の分もふくめ3人分くらい。
「自分のコーヒー味見したらすっごい濃いかったんで
  ○○先生の分にはたっぷりお砂糖入れておきました~」
って私のコーヒーを手渡してくれた。
内心、ゾッとしました。
たっぷり砂糖の入った、濃い~コーヒーを私は飲まなければならないのか・・・
恐る、恐る一口コーヒーを飲んでびっくり
「うす~い!」
もちろん声には出しませんでしたよ。
笑顔でありがとうって飲みましたよ。(半分ほど)


多分、本当に濃かったんだと思います。
そこで彼女はお湯を足したんだと思います。
その量が多かったみたいです・・・。


頑張れ社会人1年生!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/225-14d73cec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。