上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンモグラフィをご存知ですか?
過去に”もっくん”のドラマの中に出てきたりしたので
ご存知の方も多いと思います。


先日、これを経験してまいりました。
受けるつもりじゃなかったので不意打ちでした。


1年に1回の職場での健康診断。
その中に「乳癌検診」も含まれています。
毎年の検診では視診と触診しかなかったので
今年もそのつもりで行ったのですが
今年からマンモグラフィも追加されたとか。

噂に聞いていたマンモグラフィ。
相当痛いらしいマンモグラフィ。
胸を丸出しにするので恥ずかしいだろうマンモグラフィ。
出来れば遠慮したいマンモグラフィ。


でも私の検診にはすでにマンモグラフィが組み込まれている。


仕方ない。
こういう機会がないと受診しないだろうし
ここはひとつ自分のためにも
人生の経験としても受けておこうと根性を決めたのでありました。



男性の方もこのブログを覗いてくださるだろうから
詳しい説明は省きますが
簡単に言うとおっぱいを板で挟んでレントゲンをとるのです。
最初に挟まれた時点で痛い。
その時レントゲン技師の方が言ったのです。
「今の力で三分の一くらいです」

な・な・なんですと~!?

これ以上痛いのですか?
この3倍痛いのですか?
泣きそうでした・・・。
その痛さと言ったらすごいのなんの!
胸丸出しで恥ずかしいなんて気持ちはどこかへ吹っ飛び
痛い!痛い!痛い!
技師の方も猛スピードでスイッチ(シャッター?)を押しに行って下さいます。
それを繰り返すこと4回。


その後の心電図をとって下さった女性の方と
この「痛さ」話で盛り上がってしまいました。



そして医師による視診と触診があり
先ほど撮ったマンモグラフィの結果もわかります。


受診するまでは
マンモグラフィを自分から受けようともせず
何も根拠はないのに「大丈夫やろ」とたかをくくっていたのに
いざ受診すると結果が不安になってくるものです。
医師の「異常なし」の言葉に安堵し
今回、自分の意志ではありませんでしたが
マンモグラフィを受診する事ができ良かったです。
相当の痛みとの引き換えに大きな安心を得る事ができました。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/219-ff33ca81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。