上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.23 矛盾の結果。
Yくんの事がどうなったのか
一応の結果をここにご報告します。


その後Yくんのお母さんから連絡があったものの
私たちの園はもう利用できない様なので
入れている予約を全てキャンセルしますとの内容でした。

園長が発達相談センターに話をしに行ったことが
登園を拒否するものだと思われたようです。
直接受け入れはできないとは言わなかったのですが
話が大きくなってしまい
お母さんはあきらめたようです。
そして私たちが働きかけた療育の件は
見学日も決めていただいたようなのですが
お母さんは仕事を選ばれ見学には行かれなかったようです。

発達相談員の方ともお話をしていただくようにお願いしたのですが
お母さんの方から連絡を入れることはなく
そのままになっています。
今までも月に一度くらいの割で相談員の方は電話をしていたようなので
今後もそれが続くのかな・・・と思います。


私たちも一時保育としての受け入れは難しいが
月に1回、親子で参加していただける日があるので
それに来られたらどうですか?とお誘いもしてみたが
「Yくんと他の子どもとの差を見るのが嫌だ」
「他のお母さん達の目が気になるので嫌だ」との事で
あっさりと断られてしまいました。


Yくんの今後が気になるので
もう一度園長が発達相談員の方に今後の事を聞いてみた。
しかし今まで同様の返事しか返ってこなかった。
ましてやお母さんが療育に来られる気がないようなので
無理には勧められないとの事。
そしてやっぱり保育園や幼稚園での受け入れは無理。


今できる働きかけは全てしたらしい・・・。


一番の要は
お母さんにその気がないということ。
普通に預かってもらえる所が欲しいだけ。
Yくんの遅れには触れられたくないし
隠していきたい思いが強いらしい。


これはお母さんがYくんの遅れを認めたくないという事でしょうか。
遅れはわかっているけれど特別な保育はしたくないという事でしょうか。



私たちができる事はしたつもりであるが
結局は何もできなかったという思いが強いです。
Yくんにあった保育がしてもらえる場所を見つけるために
お母さんにも頑張って欲しかったのですが
もう、これ以上は何もできないです。
お母さんの気持ちがこちらを向いてはくれませんでした。
結果として私たちがYくんを拒否したのですが
お母さんも私たちから離れて行ってしまいました。


Yくんにはもちろんお父さんもいます。
しかし、協力は得られていないようです。



結果と言っても本当に終わってしまったのではなく
私たちにも大きな課題となりました。
今後も考えていかなければならないと思っています。
ましてやYくんとご両親にとっては
まだスタートラインにも並んでいない状態のような気がします。



今回このYくんの事に関して
たくさんのコメントをいただきました。
ありがとうございました。
時には私の目が覚めるような貴重なご意見もいただきました。
嬉しかったです。
本当にありがとうございました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/210-b178bb42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。