上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.04 食の経験。
先日、職場の20代の保育士Aさんと話をしていた時のこと。
何からこの話題になったのかは
忘れてしまったけれど
食事や料理の話になった。

こんな料理を食べたことがあるとか、ないとか
そんな話をしていた時

そのAさんが「そうそう!」と何やら思い出した様子。


「田舎の方って独特の料理ってありますよね」って言う。

私はそりゃその地方の山菜とか海産物とかを
利用した料理があるだろうな、と思って相鎚をうった。

「私の友達ですっごい田舎に住んでる子がいて
  その子の家に遊びにいったら何か色んな料理が出てきて
    知らん料理もいっぱい出てきたんですよ~」


へ~、どんなん?


「え~っと何て言ったかなぁ~
   ナスの上にお味噌の乗ったデンガクとかっていうヤツとか」



はぁ?



デンガクって田楽であってナスの田楽ってどこかの田舎の珍しい料理でしたっけ?

スーパーで普通に田楽味噌とか売ってるし・・・。



この子は20代半ばであるのに
ついこの間まで
田楽は友達の田舎に伝わる独特の珍しい料理で
一般家庭では食べられていないものだと思っていたそうです。


「食の経験」は家庭で養われるもの。
その子は母親に田楽を作ってもらったこともなく
どこかでそれを口にする事もないまま大人になってしまったんですね。

私は家で普通の食事を作っているつもりですが
どこかで娘が恥をかいてしまう事があるかもしれないなー。
家庭での食事って大事ですね。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/190-7ae62754
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。