上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.19 退院後。
病院の廊下では
普通に歩けるようになったと錯覚し
退院後は普通に生活できると思っていた。
でも
その考えは病院を一歩出る前から
間違っていた事に気付きました。

病院内では皆が病人だから
非常にゆっくりしたペースで歩いている事に
違和感がなく
それが普通になっていた。
病院の中から駐車場に向かう足取りが
迎えに来てくれた家族とは
比べ物にならない位遅かった。

家に帰ってきてからも
じっと座っているだけでも疲れるし
ましてや台所に立とうものなら
長時間は無理だし
お腹が当たらないように無理な姿勢になるので
それにも疲れてしまう。
背伸びもお腹の皮が伸びて痛みが走る。
シャワーも重労働である。


仕事柄、私の持っている洋服はジーパンが多く
普段からあまりスカートをはかないので
洋服に困りました。
以前にも書いたように
ジーパンのファスナーが傷口にジャストフィットするのが
少し痛く、気持ちが悪い。
どうにか1枚のスカートを見つけて
散歩に行けるようになったのが
退院してから9日目、術後19日目でした。
体力的には散歩にはもっと前に行けたと思うのですが
以前に書いた排便時の突然のお腹の痛みが恐くて
外に出られなかったのです。
この日から時間を作りなるべく散歩に出かけるようにしました。


今日で退院して22日目です。
一応自宅療養は1ヶ月と言われておりますので
長かった療養生活も半分を過ぎてしまいました。
今では娘もほとんど助けてくれず
家の中での家事はほとんど無理なくできるまで回復しました。
でも自転車にはまだ乗ってないし
買い物の重い荷物は娘にまかせているので
仕事が出来る体に戻すのにラストスパートといった所でしょうか。
今度の金曜日が退院後初めての診察日であります。
その時に仕事復帰の日も決まると思います。

早く仕事に戻りたい気持ちもあるけれど
専業主婦の満ち足りた生活も捨てがたい
ゆっくりと夕食の準備ができ
晴れの日に何も気にせず布団が干せる幸せよ・・・


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/171-241851ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。