上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.11 相性。
昨日病院に行ってきました。

子宮筋腫、子宮全摘の手術をする決心をいたしました。

決心する理由には色々ありました。

今は何も症状はないけれど
多分、筋腫は大きくなっていくだろうし
この先、いつ体調が悪くなるかわからない。
「この先」よりも「今」の方が絶対体力があると思う
だから同じ手術をするなら「今」の方が良いのではと思ったのがひとつ。


手術をするには家族の同意や付き添いがいる。
娘はあと数年は未成年であるため
実家の親にこの大役をしてもらわなければならない。
そうなると両親も年老いてきているので
「この先」よりも「今」の方が良いのではと思ったのがひとつ。


同じ手術をするなら
リスクが少なく、再発の心配のない全摘が望ましいと思ったのがひとつ。


神様に子どもを授けて下さったことを感謝して
子宮全摘をしようと思います。




そうそう、今日のタイトルは「相性」でしたね

誰との相性かと申しますと
今回の担当のお医者さんです。
女医さんなのですが、
女医って感じで気の強そうなしっかりした感じの人です。
お医者さんがしっかりしてなかったら頼りないですけど
何だか人の話し半分しか聞かないっていうか
話にくいっていうか
威圧されるっていうか
私、そういう態度の人がとっても苦手なんですよね。

手術することに決めましたって伝えても
「そうですか」「では手術前の検査を・・・」って
事務的に処理されていくしね。
私としては
「そうですか、その方がいいと思いますよ。再発の心配もなくなりますしね」
とか何とかニコッと笑顔で話してくれれば安心できるのになぁ~。

じゃ、無理してここで手術することないじゃん!って思われるかもしれませんが
私にはアレルギーがあり
以前違う病気で手術をした時もこの病院でしたのですが
その時、アレルギーで発作を起こしてしまい
その時の麻酔や薬のカルテが残っているので
同じ過ちはないと思われ心強いのと
バセドーの治療もこの病院でしているので
こちらの病気とのかねあいもあるだろうし
入院しながらバセドーの方の治療も受けられるので
この病院での手術は私にとって変えることはできないんですよね。
バセドーの方のお医者さんも女医さんなのですが
こちらの先生とは1年以上のお付き合いになるので
今回の子宮筋腫の助言もして下さり
何かあった時はこの先生を頼ろうかなって思ってます
まさか、同じ病院内で担当医を変えて下さいって言う勇気は
私にはありません


昨日手術前の検査で
大量の血を抜かれ耳にも針をさされ
レントゲンやら心臓やら調べられたけど…



手術は約3ヶ月後になるそうです…   長いな~
ガン患者優先なので…   そりゃそうだ。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/108-5e74a86f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。