上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.04 楽しい節分。
昨日は節分でしたね。
我家でも恵方巻きといわしを食しましたが
とってもショックなことがありました。

仕事から帰ってきてから巻き寿司を作る時間がないので
近所のお店で恵方巻き2本予約しておいたのです。
色々種類があったのですが
一番安いヤツでいいや~って予約してたんですよね。

仕事帰りにそれをとりに行って渡された袋がヤケに軽い・・・
ありゃまー、ミニサイズじゃーありませんか!
でも美味しかったから、いいっかぁ



さて「節分」といえば保育園で一番楽しい行事です。
子どもたちではなく保育者が!!

例年に比べると一段とパワーアップした鬼が登場し
保育園は恐怖の坩堝と化しました。


まず園庭で楽しく豆まきをしている所に鬼が乱入してきます。
鬼が発した声を聞いて子どもたちは
「あ~、K先生や~!」と豆をぶつけます。
子どもたちに豆をぶつけられ鬼は去っていきます。
例年ではここでおしまいです。
しかし今年の鬼はすごかった。
一度控え室に帰られた鬼は違う保育者にバトンタッチ。
豆まきを終え、ホッと一息ついてお部屋に帰り
安心しきっている子どもたちの所に
また、鬼が乱入!!
今度の鬼は声を出しません。
さっきと同じ先生が入っていると思っている子どもたちは
立ち向かっていこうと…
そこへK先生も登場!
子どもの頭の中はパニックです!

鬼はK先生。でもK先生はあそこにいる。
鬼はK先生のはず。でもK先生はあそこにいる…
この鬼はだーれ?この鬼は鬼?


鬼!!!


泣き叫び、逃げまどう子どもたちのかわいいこと!

私の腕や体に抱きつき離れようとしません。
その子どもたちの声がかすかに私に聞こえてきました。

「もう悪い事はしません」
「かしこくします」
「先生の言うことをききます」
「○○を頑張ります」  (○○とは最近している活動)


もう、何てかわいいんでしょ

その時、私の足に異様な感覚が…
両腕に子どもを抱いている私に一人の子どもが抱きついていたのですが
私は両腕に子どもを抱いているので手を差し伸べられません。
その足もとの子どもは自力で這い上がってきました。
恐るべし、子どもの底力!


鬼が去ったあとのお部屋には
上靴が散乱し、物入れの戸がはずれかかっていました



カメラを片手にシャッターチャンスを狙ったのですが
鬼から子どもを守るべく勇敢に立ち向かった私には
シャッターを押すチャンスなどありませんでした







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/102-676f4a60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。