上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.29 検査結果。
さて、なぜMRI検査を受けたかと申しますと
お腹にしこりがあったからです。

一昨年の定期検診で腹部にしこりがあるのはわかっていて
その数年前から自分でもお腹にしこりがあるのはわかっていました。
女性には珍しくもない病気「子宮筋腫」です。


私の場合子宮の外側に筋腫ができているので
しこりがあるというだけで健康状態を害する貧血などの
症状が全くありません。
一昨年の検診では経過観察ということで
その時のお医者さんには
「2年に1回位診てもらったらええやろー」と言われていたのですが
昨年の検診では違うお医者さんで
「う~ん…、だいぶ大きいから一度ちゃんと診察された方がいいでしょう」と…。
そこで今年になってから婦人科を受診し、MRI検査を受けることになりました。


予想通り、筋腫は大きく数個ありました。
この大きさで症状がないのがおかしい位だと言われました。


筋腫があること、筋腫が大きいこと
それは予想していたことなので驚きもショックもなかったのですが
さて、治療をどうするかです。

私はお医者さんがある程度
治療の方針を話して下さると思っていたのですが
3通りの治療法を話され
どれにするか自分で選んで下さいって突き放されました(と感じました)

ひとつめ
このまま現状を見守る。

ふたつめ
筋腫のみを取り除く手術をする。

みっつめ
子宮全摘の手術をする。


悩んでます。
身体を害する症状がないので
このまま見守るのでいいのかもしれない。
でもお腹はいつもポッコリで妊娠何ヶ月?て感じだし
お腹を触るとしこりの所在をありありと感じることができるのは
あまり気分の良いものではないし
まだまだ大きくなっていく可能性大で
突然健康状態が悪くなるのも嫌だ。


筋腫のみ摘出の手術は時間がかかり出血も多く
輸血をする可能性もあるそうだ。
子宮が残るということはまた再発する可能性大。


子宮全摘の手術は筋腫だけを取るよりも
手術としては簡単で出血も少なく時間も短いらしい。
それに再発の心配は全くなくなるし
子宮ガンの発病まで心配しなくてもいいようになる。
子どもには恵まれたし(一人だけだが)
年齢的に考えてこの先、妊娠なんてことは絶対にありえないし
考えてもいないので
私にとってもう子宮はいらないものかもしれない。
実際、もう子どもは産まないんだから
月に一回やってくる煩わしい物がなくなればいいのにって
思ったことは何度もあります。
しかし、実際に子宮とりますか?と聞かれると
女として即断できないでいます。


一番いいのは子宮全摘だと思っています。
再発もなし、子宮ガンの心配もなくなるのですから…。


もうひとつの心配は
手術するとなると最低は2週間の入院になるそうで
その間、娘は一人暮らしになります。
それも心配で心配で…

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riyu816.blog22.fc2.com/tb.php/100-432ea028
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。