上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の夜に自分で作ってしまいました。



いつも使っているリンスがなくなったので
買い置きをしていた詰め替え用を
ポンプに入れたんですよね。

その夜、使った時に少しの違和感があったのですが
すぐにはそれが出来上がっていた事には気がつかなかったんです。



今朝になって
何かおかしい・・・
昨日入れたはずのリンスのポンプを持ち上げたら
カラに近い軽さ・・・


ハハハ・・・


シャンプーの容器にリンスを
思いっきり注ぎ入れてしまったようです。


自分でリンスインシャンプーを作ってしまいました。




すぐに気がつかなかった事にもショックです・・・。


シャンプーよりリンスの分量の方が多いので
リンスとして使おうと思ってます。
決して捨てたりなんかしませんよ。

スポンサーサイト
2008.02.23 「赤い指」
赤い指


        赤い指     東野圭吾




こういう家庭環境ってどこにでもあるんだろうな。
一見、優しさのかけらもない妻。
何を考えているのか解らない子ども。
その状況を受け流している夫。
この妻の気持ちはわかるってうなづく人も多いはず。


でも、こうなってしまったら悲劇だ。

2008.02.19 痛い親切。
さぁー、今日も寒いけれど
お外で遊ぶよ~と
子どもたちとお外に出る準備をしていました。


私は3歳の女の子、Rちゃんのジャンバーを着せていて
ファスナーをあげようとしていた時の事です。


突然、首に痛みが走りました。

「いたぁ~~~~い!」



今日の私はこんな服をきていたのですが
Rちゃんは目の前に私のファスナーを見つけ
上まで思いっきり一気に引き上げられたんです。
もちろん、首の皮をはさんで・・・。


私のファスナーもあげてくれたのね。
ありがとね・・・






我家の掃除機は
かれこれ20年近く働いてくれている。

20年も働くと掃除機も疲れてきたのか
最近は息切れが目立ち
「働きたくない」と抵抗するようになってきた。


以前からの症状は
掃除機をかけていると
ブォーーーーーン・・・・・
      ブォーーーーーーーン・・・・
と、電気が切れそうで切れなくて切れそうで・・・
を繰り返すようになっていました。
それでも、「まだ使える」と使っていたので
今度は抵抗しだしました。


コンセントを引き出すと
勝手にコンセントを巻き戻すのです。(最初にこれに遭遇した時は爆笑しました)
何とか引き出してコンセントを差し込んでも
コンセントの余裕のある分は
巻き戻してしまい。
いっぱい、いっぱいの状態で使用しております。

掃除機の無言の抵抗。



そろそろ、買い替え時か・・・。



MDデッキも録音ができなくなってしまったし・・・




2008.02.14 体の異変。


寒い毎日が続きますね。

このあたりも雪が降り
子どもたちとの雪遊びを楽しんだり
寒風の中、外遊びを楽しんだりしています。



そんな今日この頃、
体に異変を感じました。


右足の中指と薬指あたりに違和感。


う~ん、この感触
何十年ぶりだろう・・・。




あ~、しもやけ!
多分、小学生以来のしもやけ!

痛痒い!



暖かくなれとまでは言いません。
せめてこの、すごーく寒いのが
少し寒いくらいになりますように・・・。

1週間ほど前のことです。
娘がお風呂を洗ってくれていたのですが
その時ものすごい音がしたんです。
何か起こったか!?


お風呂でこけたそうです。
浴槽の中を洗っていて
外に出るとき、普通にまたげばいいものの
飛び越えたらしい・・・(バカだね~)
そしたら、すべってこけたらしい。(そりゃ、こけるわ!)


で、その時は笑ってたのですが


左手の筋力がないって
重いものが持てなかったり
握りしめたりできないって言いだすんです。

あわてて病院に行ったところ
難しい病名を言われましたが
結局のところ
軽いムチウチ症状で神経が腫れているらしい・・・。
家の中でムチウチとは・・・。

なぁーはがさつな所があって(いっつも注意しているのですが)
物を雑に扱ったり
ジャマクサイと行動が雑になるのです。
これに懲りてもう少し落ち着いて欲しいものです。


ずーーーーーっと前も部屋の壁に穴をあけてますしね。



しかし、この我が娘、
人生の変わり目に怪我をする事が多い
中学校入学直前には車とぶつかるし
小学校転校してすぐに川に落ちるし


気持ちがゆるんでいるんでしょうかね?

どうか大きな怪我をしませんようにと
母はいつも思っております。


あっ、病院に行って薬もらって
左手は心配することもなく回復しつつあります。


風の墓碑銘

       風の墓碑銘   乃南アサ



乃南アサさんも好きな作家です。
2008.02.01 本への意識。

高校3年の娘、なぁーの
高校生活が昨日で終わりました。
  (正確には卒業式が残っているのですが)


学校に置いていた荷物をどっさりと
持って帰ってきたのですが・・・



親の監督不行き届きが一番の原因ですが
1年や2年生の時の教科書も
数冊、ロッカーに入れたままにしていたらしい。
もともと、計画性のない娘なので
昨日までに順に
数冊ずつ持って帰ってくるなんてことはしていなかったため
一度に持って帰れない教科書が
ロッカーの中に・・・。
でもロッカーの使用は昨日までしか許されていないのです。


それでも私としては持って帰って来て欲しかった。
持って帰れない分は
どこか、学校の隅の方に置いといてもらい
順に持って帰って来るという考えをもって欲しかった。


でもね、
「全部、捨ててきた」らしいのです。
もう使わない教科書だから
家に持って帰ってきても使わないから
結果としては同じように捨てる(廃品回収ですが)けれど
それでも一度は家に持って帰ってきてから
きちんと捨てて欲しかった。

学校で捨てるなんて
まず、第一に学校側、先生達が許さないだろうって思っていたら
「先生が捨てて行っていい」と言ったらしい
たくさんの教科書が山積みになっていたらしい。
娘も同じことをしてきただけ。


まず、第一に責められるのは私自身です。
娘の持ち物の把握すら全くできていなかったのですから。


でも、私の考え方が古すぎるのか
それとも、変わっているのか?


お世話になった教科書を
家に持ち帰らずに、学校で捨ててくるということ
それを学校側が認めているというか
「どうぞ」とまで言っているのが
どうしても信じられず
そして間違っていると思うのです。



こんな風に感じてしまうのは私だけでしょうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。