上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.30 夏の風景。
暑い、暑い毎日ですが
少し過ごしやすくなってきましたね。


暑い、暑い夏の日のひとこまです。



P1020223.jpg >




子どもたちが大好きな泥んこ遊び



スポンサーサイト
保育園を途中退園した子ども(5歳児)が
最後に先生達の似顔絵を描いてプレゼントしてくれました。


どの先生も何となく特徴をつかんでいて
とっても上手に描いています。


さて、私はどんな顔でしょう?



恥ずかしながら皆さんにご紹介したいと思います



20070827203655.jpg




とーってもかわいいでしょう?
髪の毛をかわいいリボンでくくっていて
その髪の毛もクルクルとお姫様みたいになっていて…。

もう、私にそっくりです!?




どこで、どう間違って
彼女の記憶に
私がこの様にインプットされてしまったのか謎であります。
実際の私は髪の毛をくくってないし
こんなクルクルのかわいい髪の毛でもありませんが・・・



ま、彼女には私がこの様に見えていたんでしょう



ありがとうね。
大切な宝物です。


昨日の保育園でのこと。

午前の活動が終わったあと
5歳児の男の子Sくんが
かばん(布の袋)を頭からかぶって
部屋の中をウロウロ歩いてる。


「Sくん何してんの?そんなんして歩いてたらどっかにぶつかるよ
  それに暑いから熱中症になるで!」

などと何回か声をかけてもやめない。



昼食の用意をしながら見守っていると
しばらくして部屋の隅の方に行き
ゴロンと横になった。


そばに行きかばんの中の顔をのぞいてみると



涙をボロボロ流して泣いていた。



「どうしたん!?」



Sくんは泣きながら説明してくれるが
泣いているので
今いち、何を言っているのかわからない。
でも指のさしている先には
グラグラになった前歯がありました。

どうも何かが歯にひっかかって
少しぐらついていた歯に
衝撃が走ったようです(笑)


私はかばんを頭からかぶってウロウロしている時に
どこかにひっかけたのかと思ったのですが
泣き止んでからよーく聞いてみると


給食袋の結び目をほどこうとして
歯で引っ張ったらしい。
その時に歯がぐらついたようで
それでびっくりして、痛くて涙が出てきて
でも僕はこの間6歳になったお兄ちゃんやから
泣いてる所を見られたくない
だからかばんを頭からかぶってた。


と、こういう理由だったようです。



かばんを頭からすっぽりかぶってウロウロ歩いているSくんには
こんな理由があったんです(^^)
6歳と言えどもかわいいもんです。


  でもね、私が泣いているのを見つけると
  その後は我慢できなくなって「おかあさ~ん」って大泣きしてました(^^)


2007.08.24 「リビング」


       「リビング」 重松清






       「対岸の彼女」 角田光代


女どうしの友情って何だか難しい。
私は友達にも恵まれ
娘が小さい頃の公園友達にも苦労しなかった。


こういうのって女だけなのかな?

男の人の友人関係ってややこしい時ってあるのかな?


先日の市役所での話の続きです。


「娘さんが高校3年生なら、もうすぐ楽になりますね」
って職員の方に言われた。


これはどういう意味?
母子家庭の子どもは就職するってこと?
自力で大学へ行ってくれるってこと?

そんな心の声はかくしておいて


「いえいえ、来年からは大変ですよ。
 進学してどれだけお金がかかるか・・・
 母子家庭の手当てもなくなりますしね・・・」


と、その時職員の方が私の職業欄を見て言った。


「保育士さんですか?いいお給料もらってはるでしょ?」

「いーえ、とんでもない。少ないですよ」

「では、勤務時間が短いんですか?」

「いーえ、ものすごく長いです。保育士って給料少ないですよ」

「資格があるから看護師さんぐらいあるんじゃないんですか?」

「全然、比べ物にもなりませんよ。良かったら調べてみて下さい。」

「へ~、そうなんですか」


というような会話がありました。
相手の職員の方は嫌味で言われていたのではなく
本当にそう思われていたようです。
世間にはこういう見方をされているって事なんでしょうね。
私は声を大にして言いたい。

保育士の給料は安過ぎる!


以上!(^^)

2007.08.20 汗まみれ。
今日も暑かったですね。

保育園の子ども達は午前中はプール遊び。
午後からもプールに入ろうと
水着に着替え終わった頃ヤツがやってきたのです。







ゴロゴロゴロ・・・



雷さんがやってきました。
残念ながらプールは中止。


せっかく水着に着替えたので
急遽、部屋で海水浴ごっこ(?)をして遊びました。


ジャッバ~ンと海に飛び込み泳ぎだす(まねの)子ども達

私は恐ろしい鮫に変身し、子ども達を襲いまくる(コチョコチョ攻撃です)
そして最後には子どもを捕まえ
離れ島へと連れていくのであります。

逃げ回る子ども達。
   この頃には子ども達も泳ぐという設定を忘れ去り本気で逃げまくる。


時には私が窓の外を見て

「あれ?あれ何やろ?なーなー、ちょっと見てみー」と
迫真の演技をし子どもを抱いて窓の外を見せ
そのまま離れ島へ連れていくなどのフェイントをかける。


そう、一番のりのりであそんでいたのは私です。


あー、楽しかった~。
でも汗びっしょり。


主任から「お風呂使っていいよ~」のひと言をいただき
今度はお風呂へ移動し
シャワーをあびてスッキリの子ども達。


私はというと
仕事が終わって家に帰ってきて
汗だくのTシャツやジーパンを脱ぐと
じっとりと濡れていました・・・ふぅ~


我家は母子家庭。
「児童扶養手当」を受けています。
毎年夏には更新手続きのようなものがあります。
正式には「児童扶養手当現況届」というものを
市役所に提出しに行きます。


毎年、お盆休みの一日はこの予定が入ります。
休みでないと市役所には行けないもんね。



さて、個室で担当の職員の方と向かい合い
記入してきた書類に目を通してもらう。
世間話って感じで
「お子さんは何年生?」って聞かれた。
もちろん書類には娘の年齢とか書いてあるのだけれど
それを見る前に何気なく聞いてこられたので
私も普通に「高校3年生です」と答えると



「え~、そんなに大きなお子さんがいらっしゃるんですか!?」と
少し驚かれた。


私が娘の年齢を言うとよくこのような反応が返ってくる(笑)
保育園の保護者の方とも話していて
娘の年齢がばれると皆、一応(?)驚かれる。


ま、私はいいように解釈してます。
私って見た目は少し若く見えるのね~って!(大笑)

2007.08.16 記念日。
今日で離婚してから丸2年がたちました。
いいも、悪いも一人でやっていくのは大変で
まだ、まだこれからの方が長いはず。
息切れしないようにマイペースで歩いていきたいと思っています。


今年は娘の進学を控えて
すでに、ストレスを感じまくりですが
娘の人生を私が動かすワケにもいかず
かと言って、ほったらかしにもできないし
私の思う所とは全く違う道を歩もうとしているので
本当に心配の種はつきません。
母の体力は限られているのだよ
そんな甘い考えは捨てておくれと言いたくなる毎日です。
はぁ~、本当に…


まず、頑張らなくちゃいけないのが
明日からの仕事。
この暑さで貯えた体力がすぐになくなりそうです


2007.08.15 おさそい。
月曜日から明日まで夏休みですが
どこにも出かけません。
ひたすら家にいます


先週の職場では
当たり前のように「どこか行くの~?」という会話がされる。


私より年上の保育士さんが
やっぱり、私に「どこか行くの?」って聞いてきた。


「どっこも行きませんよ。」と笑って答える私。


「あんまり出かけないんやな~」と言われる。


以前、この保育士さんに遊びに行くのに誘われて
2度ほど断った事があるので
私は休みの日はいつも引きこもっていると思われているようだ。



今回の夏休みも

「一緒に近場の温泉でも行かへん?」と誘われたが


「いやぁ~、娘一人おいて私が温泉行ったら怒りやるし 第一、お金がないわ~」と
今回も明るく丁重にお断りした。




あのね、私はあなたと行くのが嫌なのですよ。
悪い人ではないし、
明るくてハキハキしていていいと思うんですよ。
でもね
私には時々、土足で人の心の中に入ろうとする所が
どうしても受け付ける事ができない。
本人にはそんな気持ちはないんだろうけど
私にはおせっかいが過ぎるのです。


だからお誘いを断っているのよ~。
決して引きこもりでもなく
温泉だって相手によれば行くのよ。

もう、二度と誘わないかな?(笑)

2007.08.15 「イヴの夜」



         「イヴの夜」 小川勝己



昨日の昼間に「いとしいたべもの」を読んだ。

夜になってから一気にこの本を読み終えた。
読みやすいのと
次どうなるの?っていう好奇心と
明日も休みだの気持ちで一晩で読み終えてしまいました。

軽く読めるって事は文章が少し軽いってことで
私には少し奥深さがなかった面もありますが
サクサクッと読める感じは良かったです。


読書三昧の夏であります。
だって外は暑いもの。
でもクーラーの部屋で読んでるわけではありませんよ。
扇風機!(笑)
地球環境と我家のお財布を考えての事です!?

さて、今日も読みますぞ!



     毎日本を読んでいるので
     せっかくだから記録に残そうと思い
     ブログに足跡を残しております。
     
     



       「いとしいたべもの」 森下典子





作者自身が描いたというイラストがとっても素敵。
食べ物にまちわるエッセイですが
どれもこれも本物そっくりのイラストで
そのイラストを見ているだけで生唾ゴックンです(笑)


私が一番見入ってしまったイラストは
”どん兵衛”です。




        「空中ブランコ」   奥田英朗




この本が話題になってからもうだいぶになりますが
やっと手にとり読むことができました。
ひと言、おもしろい!


この本の全編とも言うべき「イン・ザ・プール」という本があるのですが
これはまだ読んでいないので早く読んでみたいです。
そして続編?「町長選挙」というのも出てるらしい。



ちなみに奥田英朗さんの「真夜中のマーチ」も
とってもおもしろいですよ。
私は一気に読んでしまいました。


今日は懐かしい顔ぶれでの食事会がありました。
私が今の保育園に勤め始めた頃に
保育園にいた先生たちです。

その後退職されたり異動になったりして
このメンバー全員で会えるのは久々でした。
一昨年まで一緒に仕事をしてた人もいるし
研修なんかで顔を合わせる事もあったので
みんながみんな久しぶりってワケではなかったのですが
全員が揃うというのは久々~!

そして保育園が一番良かった頃。
楽しかった頃のメンバーです。
思い出話と
独身の先生達の恋話と
妊婦さんの話題等々で盛り上がりました。


しかし、今回一番皆を驚かせたのは私だったかもしれません。


「○○先生も変わらないですね~、ご主人は元気ですか?」


「離婚しました~!」


そんなこんなで楽しい時間も過ぎ
今度は私にいい人を紹介しますねという言葉を背中に聞き
皆とは別れました(笑)


楽しかった頃の人たちと会えるのは
心の栄養になりますね。

20070715104500.jpg


    ストロベリーナイト 誉田哲也



ストロベリーナイトっていう題と表紙の写真から
何となく青春モノ小説かな?って思って読み始めたら
1ページ目からガーンと衝撃。
まったく、そんな内容ではなかったよ。

でも、おもしろく読めました。


先日、保育園の子ども達と「ザリガニ捕り」に行きました。

網やバケツを持ち
子ども達には私お手製の釣竿を持たせ
いざ、出発!!


出かけた先は保育園のすぐ近くの用水路。
道路から一段降りてずーっと奥の方まで
田んぼに添って用水路は続いています。


いつもはうじゃうじゃいるのですが
少し時期が遅かったせいか
ザリガニの姿が見当たりません。


3歳の子どももいたので
奥の方まで歩いて行ってまた帰ってくるのは大変なので


「先生がいるかどうか見てくるからここで待っててな!」


と一人の先生と子ども達を残し
私は用水路の奥の方まで探索に・・・
しかし、見当たらず子ども達の元へ戻りました。
せっかく来たのに1匹も捕まえずに保育園に戻る事はできません!(笑)


道路から用水路へ一段降りた所にいる事が多いので


「先生、もう一回あっちの方見てくるからもうちょっと待っててな!」


と私は道路側の方へ戻り探索に・・・。
道路のすぐ下あたりは石などがゴロゴロしているので
私は手が伸びる限り伸ばして
網をふりかざし
どこかにザリガニはいないかと必死で目をこらしておりました。






ハッ!!





我に返って赤面してしまいました。
ここは道路のすぐ下。
目の前の道路は人が行き来し
自転車も車も通っている。
私の近くに子どもはいず、一人ぼっち。


通りかかって私を見た人の感想はきっと
「エプロンつけたおばちゃんが一人で網をふりかざして何してんねや?」



本当に恥ずかしかったです。
あわてて子ども達のもとへと急ぎました。


でもおかげさまで3匹ゲット。
そのうちの1匹を保育園につれて帰り
「きららちゃん」と名づけて飼っています。


2007.08.06 夏休み。
多くの皆さんは
夏休みの計画でウキウキされている事でしょう。

私にも一応夏休みはありますが
何の予定もなく
実家に帰る予定もありません。


母が数ヶ月前に倒れ、手術をしており
今は自宅で療養しています。
心配していた後遺症もなく安心しているのですが
私たちが実家へ行くと
やはりそれなりに気をつかったりすると思うので
今年は遠慮しておこうと思っています。


私自身が年齢を重ね
その年数分、体力も落ち、衰えてきました。
当たり前の事だけど
私が衰えるという事は
親はもっと衰えると言う事。
何とも悲しい。

悲しいけれど自分と親の残された時間を数えてしまいます。



行事続きで仕事がとっても忙しい。


体調は最悪で
先週はとうとう保育園で歩けなくなってしまいました。
保育中に今まで経験した事がないめまいのようなものに襲われ
何と5歳の子どもに支えてもらって職員室まで行き
そのまま1時間ほど動けませんでした。

早退したくとも
体を動かせないのでソファーでジッとしてるしかなかったのです。

でも幸いなことに1時間ほどで体を動かし
歩く事もできるようになりました。

その日のうちに病院に行った所
めまいと軽い吐き気だけで
1時間で回復したのなら大きな病気の心配はないだろうとの事で
一安心したのですが
その日から毎日、朝の目覚めも悪く
体がだるく、午後になると頭が痛くなり
頭の中がクラクラするんです。
やっとの思いで仕事を終えて家に帰っても
何もできず、お風呂に入るのも重労働って感じでした。
早い時間に眠っても翌朝は体がだるく体調は一向に良くならず
私は何かの病気か?
重大な病気か?
もうダメなんじゃないか?
などと思い悩むほどでした。


でもおかげさまで
やっと3日ほど前から体調が回復いたしました。

相変わらず仕事が忙しいので
自分のブログさえのぞく事ができない有様です。


早く落ち着きたいな~。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。