上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.30 夏まつり。
昨日は保育園の夏祭りでした。
今年は私も浴衣を着て参加しました。
浴衣なんて何年ぶりだろう?
帯は園児のおばあちゃんに結んでもらいました

次に浴衣を着るのは何年後かわからないので
写真を撮ろうと思っていたのに
夏祭りの途中で
私のデジカメが行方不明になり
私服に着替えて片付けが終わった頃に出てきました


さて私たち職員が
夏祭りで楽しみにしていることのひとつは
卒園児たちが来てくれることです。


しかし、私たち以上にこの日を待ち望んでいたのが
卒園した子どものあるお父さんです。
それはそれは楽しみに来て下さいました。
卒園児の息子よりもワクワクしてたほどです。
それは何故かと申しますと

昨年、このお父さんがカブトムシの幼虫をつかまえて
園に持って来て下さったのです。
今年、無事カブトムシになり元気に動き回っています。
お父さんはその姿を見るために
夏祭りにやって来たという感じです。


まじ、お父さんが一番興奮!
写真までバチバチ撮っていました


男の人ってこういう所が少年のままなんですよね


スポンサーサイト
昨日のブログのAちゃんの妹Mちゃんが
今日は笑わせてくれました。


登園して来たものの
ものすごーーーーいご機嫌斜めで


「保育園イヤー!」

「帰る~!」

「帰る~!」

「いややぁ~!」



何をどうなだめても
ご機嫌は良くなりません。


「プール入るよ」とか

「今日は早くお迎え来るから」とか

「おみやげのお菓子買ってくるから」とか


お母さんも四苦八苦。

それでもご機嫌はなおりません。






「今日の晩御飯、マグロにするから」





「うん!」



満面の笑みで帽子をかぶり
園庭に遊びに行ったMちゃんでした




2006.07.25 デート。
5歳の女の子たちがデートごっこをしていたらしい。

それぞれ男の子と手を取り合ってお出かけ。

ところがAちゃんは手ぶらでお出かけ。

「Aちゃん、かばんとか財布とか持っていかなくていいの?」

と何気なく質問した保育士に

Aちゃんはこう答えました。




デートはなぁ
男の人が何でもしてくれるねんで。
お金も全部男の人がはらうんやから
女の人は何にも持っていかなくていいの!




この5歳児の固定観念は
誰が教え込んだのであろうか・・・。


お母さんたちの悩みのひとつに
トイレトレーニングがあります。
そして
あせらなくてもいいのに
あせってしまうのがトイレトレーニングです。

何を隠そう
私自身が娘のトイレトレーニングであせり
失敗した経験をもっています。

その子、その子でオムツがはずれる時期が違っていて
あせる必要はないのですが
まわりがはずれてくると
どうしてもあせってしまいます。
あせると怒ったりイライラしたり
すると子どもはそれを感じてまたおもらし・・・。


保育園でもおむつがはずれたのに
最近になっておもらしを繰り返す子どもがいた。
お母さんは漏らす度に叱っていたようだ。
どうしても遊びに夢中になったり
先生がお話をしている時は
そっちの方が大事だと思ってしまうようで
おしっこを我慢して漏らしてしまっている。

お母さんに叱らないであげて下さい。
失敗しても大丈夫だよって言ってあげて下さい。
そして成功した時は誉めてあげてと
アドバイスした所
次の日からお漏らしがなくなったそうな。

子どもって難しいようで単純で
単純なようで難しい。


そして私のアドバイスは
自分自身が失敗している事を告げることで
説得力がある(笑)

私の時も誰かがアドバイスしてくれれば・・・
保育士の免許を持っていたって
自分の子どもにはたくさんの失敗をしているのであります。



2006.07.20 数学。
よく雨が降りますね。
自転車通勤の私には辛い毎日です。
買い物に行く足も遠のき冷蔵庫の中は
スカスカです



さて、今日は終業式。
娘、なぁーも成績表を持って帰ってきました。
しかし、そこには悲惨な現実があったのです


まー、成績が見事に悪い。
このままでは未来も暗い。
特に数学が致命的。
夏休みにこの数学を少しでも克服しないことには
この先もきっと授業についていけないと思う。
昔から苦手な教科で、嫌っているうちに
基本を理解できず、置いていかれてドンドン難しくなって
全然ついていけてない状況のようです。

母の私も数学は嫌いで苦手であったが
要領が良い私は成績は良かったのです。
はい、自慢じゃありませんがクラスではいつも上位におりました
なんて事、言ってる場合じゃなかった!


どなたか、数学の勉強の仕方や
勉強のコツや好きになる方法や
数学が得意になる食べ物とか
何かご存知ないですか?

本当に、マジで、あせっております。

2006.07.16 情けない。
私の勤める保育園にも色々問題がある。
毎年何かと問題は起こる。
でも今年はちょっと違う
その原因が大人気ない行動ばかりなのだ。


自分に与えられた仕事をこなさない者がいるのは
毎年のことなのだが・・・(これも困ったものです)


今年の問題は・・・
1クラスを複数の担任が受け持っているのだが
その担任同士で会話をしない。
意志の疎通もないので統一もない。
これはこのクラスの子どもたちにとっては
致命的に悲しい事だ。
先生によって保育の仕方が変わるのだから。

職員の間で仲間はずれがある(?)
みんなで集まって何かをする時
一人の先生に声をかけに行かなかったり
その先生の意見は頭ごなしに否定したりする。

これは私が仕事を休んでいる間に
加速し、悪化したようだ。


私は自分の担当する部屋で
担当の子どもの保育をして一日が終わるので
他のクラスの状況や問題に気付くのが遅かったり
気付かないこともある。


仕事に復帰して半月がたち
自分の仕事も安定してきたので
やっとまわりが見えてきたのかもしれないが
こんなひどい状況にあるとは思ってもいなかった。
4月の時点で少し心配な部分、予兆があったので
その一人の先生が孤立化しないように
私は気を使ってきたつもりであるが
休んでいるあいだのフォローはとてもじゃないけれど
出来なかった。


本当にこれが保育を仕事としている
大人のする事かと思う。
昨年までは大人しかった先生が
先輩達が退職した今年になってから
突然、高飛車な物の言い方になり偉そうになった。


私はその孤立している先生も
高飛車になってしまった先生も好きなのである。
だから残念で仕方がない。
そして
情けない。


学生時代の友人から手紙が届きました。
この友人とはもう10年以上会ったことはなく
年賀状のやり取りと
時々かかってくる電話や
手紙で近況を伝え合っていました。

でもここ数年この電話や手紙が苦痛になりつつあります。


このA子は結婚し、子どもが生まれて数年で離婚。
妊娠している頃から少しノイローゼ気味で
取るに足りないことで心配ばかりしていました。
離婚して子どもの親権はA子のものになったにもかかわらず
自分で育てる事ができず乳幼児期の大切な時間を
子どもとは離れて生活していました。
別れたご主人のことはよく知らないのですが
離婚後の養育費や生活費の援助は一切なかったようです。


電話は暗い声でかかってくるし手紙の内容も暗いです。
いい仕事が見つからない。
就職しても長続きしない。
近所の冷たい目が気になる。
お金がない。
そんな悩みを抱えて、ワケのわからない信仰にすがり
大金を納めようとしたり
また、そのお金がないと悩んで電話をかけてきたり
信仰をちゃんとしていないから
こんなに自分は苦しいんだって勘違いしてる。
挙句の果てには
私の子どものためにもってそこの御守りを買って送ってくる。
お金がないって言ってるのにこういう事はする。

私はお金がないのにお金を納めろっていう宗教はおかしいよ。
信仰が悪いとは言わないけれど
信仰することでお金がないって苦しんでいるのなら
それは本当の信仰じゃないと思うよ・・・と
数年前に手紙で伝えた。
まず自分が前向きになって生きなければいけないよとも伝えた。

私にだってこういう悩みもあるし
こういう苦しみもあるんだから
辛いのはA子一人じゃないよって励ましたのに
最後にA子は反対に私を励まして満足気に電話を切る。
そういう事が何回も繰り返されてきました。


だから最近では
私はあまり話も聞きたくなく、手紙も迷惑だと感じているのです。
多分、A子は話を聞いてもらえるだけでいいのかもしれないけれど
こちら側の助言なんて全く無視して
10年近く同じ事を繰り返しているのです。
宗教にすがったりお寺参りをするのなら
病院に行ってカウンセリングを受けた方がいのではと思っています。


でもA子は10年以上同じ悩みを抱えて
同じような助けの求め方をしながらも生きてきてる。
生活できてるって事ですよね・・・。


A子は友達みんなに同じような電話をし手紙を書いている。


今回届いた手紙には
今、ちゃんと信仰していないから
将来とんでもない事が起こりそうだとも書いてあった。
自分の生活を改めることなく
自分の身におきる悪い事は全て信仰心のなさからきていると
信じきっている様子。

私は特別な信仰はしていない。
離婚もしたし、お金もない。
仕事には恵まれているが、この仕事を手離さないための努力はしている。
病気も持ってるし
先日は入院して子宮だって取ってしまった。
でも私は辛い人生を送っているとは思っていない。
嫌、実際には将来も不安だし落ち込む時だってあるけれど
信仰をしていないせいだとも思っていない。
太陽に感謝し、月にも感謝。全ての自然に感謝し
毎日生かされていることへの感謝が私の最大の信仰心かもしれない。


こんなA子にどんな返事を送ればいいのか悩んでいます。


2006.07.08 久々の更新。
本格的に仕事に復帰して1週間。
久々に仕事をしているというよりも
休んでた事が嘘のように時間の流れは感じず
仕事にすぐになじみました。
  (この言い方は変かな?)

ただ、久々にお会いする保護者の方と
挨拶を交わすときにだけ
長く休んでいたんだなぁーと実感。



今週、月曜日。
お部屋にいる私を見つけて
子どもが一言。


「○○せんせ~、
  やっぱりここでおしごとすることにしたん~?」



私は1ヶ月半の間、どこか違う場所で
仕事をしていたと思っていたようです


○○先生が来てるよ
との噂を聞き
わざわざ私の顔を見に来てくれた子どももいました。
何とも嬉しい限りです。


仕事は何とか一日こなせるものの
家に帰ってくるとぐったりで
ご飯を作る力もなく
ブログの更新も思うようにできませんでした。


暑い、暑い毎日がこれから続き
プール遊びや
水遊びや
泥んこ遊びの楽しい時期です。
私も体力つけて
思いっきり楽しみたいです



2006.07.02 オン。
昨日は1ヶ月半ぶりのお仕事でした。
と言ってもミニ発表会(参観)だったので
午前中で仕事は終わりましたし
私は練習に一度も参加していなかったので
発表会の流れや準備するものもわからず
ひたすら写真を撮ったり
見てたり
手をさしのべたり
ふざけている子どもに睨みをきかせたりしていました。


1ヶ月半ぶりでしたが
子どもたちは名前も覚えていてくれ(当たり前か)
自分にも声をかけて欲しいと
しぐさでアピールしてくる子がいたりで
やっぱり子どもたちはかわいいです。


これで働く気ゼロだった私も
お仕事モードオンになりました。

今日の日曜日もお仕事モードのままです(?)


半日の仕事でしたが
帰ってくると
傷口が赤くなってましたね。
家では締め付けない服を着ていたのですが
仕事ではジーパンはいて動いてたので
衣服にすれた事や締め付けたのが原因だと思います。
パジャマみたいな服で仕事するワケにはいかないしなぁ~。


明日からは本格的に仕事です。
丸一日仕事です。
そして普通に金曜日まで仕事です。



今の気持ちは・・・
ヤル気マンマンです!


でもどうなる事やら・・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。