上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保育園での話ですが。

例えば
「お部屋のカーテン閉めて」って子どもにお願いします。
今日に限り、1ヶ所だけ窓の前に机や椅子がおいてあり
カーテンに手が届きません。

そういう時どうするか
 
①「せーんせー、机とかあって閉められへーん」という子ども
② 机や椅子を一生懸命動かしカーテンを閉める子ども
③ 先生が見ていないスキに机の上にあがりカーテンを閉める子ども
④ どうしていいかわからずその場に立ちつくす子ども
⑤ 閉められへんから、もういいやって放棄する子ども




例えば
嫌いなおかずがどうしても食べられない。

そういう時どうするか

①「せんせ、食べられないから残してもいいですか?」と聞く子ども
② こそっとゴミ箱に捨てに行く子ども
③ 時間をかけて最後まで食べる子ども
④ 何も言わず泣き出す子ども
⑤ いつまでもダラダラとそのおかずをつついている子ども


だいたい子どもたちは以上のような行動をとります。


勉強ができたり
大人の言いつけがきちんと守れたり
お行儀が良かったり
そういう事は出来るに越したことはない。

でも人が生きていく中で困難にぶつかった時
その困難をどうやって乗り越えるか
それを自分で考えて乗り越えていく力
その力の方が必要ではないかと思います。

確かに机の上に乗ったり
嫌いなおかずを捨てにいくことは
イイ事ではありません。
でも、3歳の子どもが自分で考え
その状況を乗り越えるためにどうすればいいか
自分で答えを出したのです。
わからない時、人に聞くことも大事です。
考えてもわからない時は
助けてくれる人がいるんだって
思いつくことが出来ることも大切だと私は思っています。

この考える力はどうしたら育つのでしょうか?
上記の机の上に乗ったり
おかずを捨てたのはどちらも3歳の子どもです。
どちらかというと元気いっぱいで
手のかかる子どもです。
でも、この子たちは確実に生きていく力を持っています。
産まれながらに持っていたのか
親の育て方の賜物か?


反対に生きる力のない子どもがいます。
わからない事はほっておく。
楽しいことだけする。
全く考えようとしない。
忘れ物をしてもお母さんのせい。
先生に言われたからやる。
この子は困難にぶつかった時
自分で乗り越えていく力がまだ備わっていません。


3歳や4歳で
何が「生きていく力」だって思われる方もいらっしゃるかと思いますが
日々、保育する中で最近強く感じています。


勉強や礼儀作法も大切だけれど
生きていく力を私は育てていきたいと思っています。



スポンサーサイト
2006.01.29 検査結果。
さて、なぜMRI検査を受けたかと申しますと
お腹にしこりがあったからです。

一昨年の定期検診で腹部にしこりがあるのはわかっていて
その数年前から自分でもお腹にしこりがあるのはわかっていました。
女性には珍しくもない病気「子宮筋腫」です。


私の場合子宮の外側に筋腫ができているので
しこりがあるというだけで健康状態を害する貧血などの
症状が全くありません。
一昨年の検診では経過観察ということで
その時のお医者さんには
「2年に1回位診てもらったらええやろー」と言われていたのですが
昨年の検診では違うお医者さんで
「う~ん…、だいぶ大きいから一度ちゃんと診察された方がいいでしょう」と…。
そこで今年になってから婦人科を受診し、MRI検査を受けることになりました。


予想通り、筋腫は大きく数個ありました。
この大きさで症状がないのがおかしい位だと言われました。


筋腫があること、筋腫が大きいこと
それは予想していたことなので驚きもショックもなかったのですが
さて、治療をどうするかです。

私はお医者さんがある程度
治療の方針を話して下さると思っていたのですが
3通りの治療法を話され
どれにするか自分で選んで下さいって突き放されました(と感じました)

ひとつめ
このまま現状を見守る。

ふたつめ
筋腫のみを取り除く手術をする。

みっつめ
子宮全摘の手術をする。


悩んでます。
身体を害する症状がないので
このまま見守るのでいいのかもしれない。
でもお腹はいつもポッコリで妊娠何ヶ月?て感じだし
お腹を触るとしこりの所在をありありと感じることができるのは
あまり気分の良いものではないし
まだまだ大きくなっていく可能性大で
突然健康状態が悪くなるのも嫌だ。


筋腫のみ摘出の手術は時間がかかり出血も多く
輸血をする可能性もあるそうだ。
子宮が残るということはまた再発する可能性大。


子宮全摘の手術は筋腫だけを取るよりも
手術としては簡単で出血も少なく時間も短いらしい。
それに再発の心配は全くなくなるし
子宮ガンの発病まで心配しなくてもいいようになる。
子どもには恵まれたし(一人だけだが)
年齢的に考えてこの先、妊娠なんてことは絶対にありえないし
考えてもいないので
私にとってもう子宮はいらないものかもしれない。
実際、もう子どもは産まないんだから
月に一回やってくる煩わしい物がなくなればいいのにって
思ったことは何度もあります。
しかし、実際に子宮とりますか?と聞かれると
女として即断できないでいます。


一番いいのは子宮全摘だと思っています。
再発もなし、子宮ガンの心配もなくなるのですから…。


もうひとつの心配は
手術するとなると最低は2週間の入院になるそうで
その間、娘は一人暮らしになります。
それも心配で心配で…

実は先日、仕事を休み
病院へ検査に行ってきました。
MRI検査です。
皆さんご存知のように
筒のような物の中に入り
磁石と電波を使って身体の断面像をとるものです。
初めての経験でした。

筒の中に入っている間は音がうるさいという事で
ヘッドホンをします。(それでもうるさいですが)
急に気分が悪くなった時のために
右手にはブザーをにぎります。


筒の中で聞こえる音は
低い音から高い音まで様々。
ずっとベース音かドラムの音のようなものが
リズミカル繰り返され
その音にのせて
エレキギターの高音がかき鳴らされ
その音が止むと
次は違う種類の音がかき鳴らされる
ってな感じでした。

何だか、ロックコンサートの開演前のようでした。
まだ上がらない幕の向こうで
チューニングをしているような雰囲気でした。


しかし20分近く
動く事を禁じられて横たわっている私を
睡魔が襲ってきました。

ウト、ウト、ウト・・・
その時エレキギターの高音がかき鳴らされ
ハッ!!と我に返る・・・。
そんな事を2~3度繰り返しました。
眠りに入る時って
時々、身体がピクッってなるでしょ?
あれが私を襲って
右手に握っていたブザーを押しかけてしまいました。
寸止めです!
よかった~、鳴らさなくて。
もう少しで筒から引っ張り出されて
赤面しながら言い訳しなければならない所でした


さて、楽しい初めての経験の結果は・・・。


                   次回へ続く・・・。
ハッピーバースデー(青木和雄・吉富多美)を読みました。
途中から涙で読めないくらいに泣いてしまいました。

「西の魔女が死んだ」と少し重なる部分もあると
感じたのは私だけでしょうか・・・。

ものすごく泣いた割には
この話はフィクッションだよな~って
冷めた感想をもったのも事実です。

こんなに簡単にいじめの問題が解決するわけないのでは?
いじめってもっと根のふかいものでは?
いじめに立ち向かっていく勇気ある「あすか」のような少女が
本当にいるのだろうか?

なんて思ってる大人がここに約1名いる。
こんなだからいじめがなくならないのかも。
いじめをなくす事なんてできないのかもしれない。
いじめっていつの時代にもあって
いじめ方が変わってきているのだろうな。
こんな大人が意識を変えていかないと
子どもも変わらないんだよなー。きっと。


と考えさせられた作品でした。




2006.01.23 お弁当。
娘は毎日お弁当を持っていきます。
私は月に1回お弁当の日があって
なぜか、その日はお弁当に力が入ります。

なぁー「なーんかさぁー、お母さんがお弁当の日って
       いつものお弁当とちょっと、ちゃうよなぁー」


すいません。
毎日の娘のお弁当は普通に作ります。
私のお弁当がある日は気合を入れて作ります。
ごめんなさい


そんな気合いを入れていないある日のお弁当

お弁当


家に帰ったら娘が言いました。

なぁー「お母さん、いいこと教えたろか?」
    今日、お弁当食べてたら一緒に食べてたみんなが
    なぁートコの卵焼ききれいなーって誉めてたで!」

私「

なぁー「それでな、一切れ残ってたから、みんなにちょっとずつあげてん」

私「ふん、ふん、それで

なぁー「そしたらな、だーれもな、なーんにも言わへんかったわ!」

と大笑い!回る~


見た目は良いが味は今いちという事?
確かにウチの卵焼きは味が薄いです。
それは料理が下手とかじゃなくって
薄味に心がけているためであって・・・



お弁当の写真、手前に写っているおかずはチキンのコンソメ煮こみです。
どんぐりさんの「ごはんとおかず」で紹介されていたものです。
とっても簡単に出来てとっても美味しかったです





今日も雪が降りました。
保育園ではこんな光景も・・・
写真にするとちょっと怖い?


 雪の日


  ちなみに右上の少し大きい手形は私です


2006.01.22 怖い夢。
とっても怖い夢を見た事があります。
多分誰でも一度は怖い夢を見るとは思うのですが
「怖い」にも色々種類がありますよね。

子どもの頃は
鬼が出てきたり
高い所から落ちたり

大人になってからは
誰かに追われたり
殺人現場を目撃したり
自分が誰かを殺そうとしたり(これって深層心理?)
貞子のようなモノが出てきたり

でも最近見た一番怖い夢は
夢と現実がわからなくなった「夢」です。


昨年、体調を崩した時
一日中布団の中にいて、寝たり起きたりを繰り返していました。
そんな時に見た夢です。
多分午後3時頃から眠ってしまったようでした。
夢の中で私は目覚めます。
そろそろ夕食を作らなきゃいけない時間だなーと思いつつ
夢の中で起きようとします。
でも体が思うように動かない。
うーん、まだ体が起きてないのかなーなんて思いつつ
もう一回起きようとします。
何とか体は起きて立ち上がったものの
今度は目がかすむ・・・そしてだんだん見えなくなる
え~!!これって何!?
部屋のドアを手探りで探すもののわからない・・・
隣の部屋にいるはずの娘の名前を大声で呼ぶ
何度も、何度も大声で叫ぶ
しかし娘はいつものごとく
部屋で音楽を聴いてるのか気がついてくれない
その間も私はふらつく足取りで
手探りでドアをさがすものの見つからない
だんだんパニックになってくる
夢の中で目覚めてるから「夢」だとは思っていず
現実としてヒシヒシと恐怖が押し寄せる。
そうだ、枕元に携帯を置いてある!
携帯を探し当て
隣の部屋にいる娘に電話をしようと試みるものの
目が見えないのでそれも出来ない
私、どうしたんだろー??
たすけてー!!って大声で叫ぶ


そしてやっと目覚める。
あー、これが本当の目覚めだ~
良かった~


娘に聞いてみた
「お母さん大声でなんか言ってなかった?」


あれだけ夢の中で叫んでいたのに
寝言は言ってなかったようです。


現実だと思って見る夢はとっても怖かったです

2006.01.20 積木。
子どもの好きな遊びのひとつに積木がありますよね。

色々なサイズや形の積木を使い
子どもの想像力から素敵な作品が出来上がります。

ウチの園の積木は
サイズも形もひとつだけしかないんです。
それでも素敵なものを作っています。
毎日飽きることなく


昨年の秋頃にテレビで見たのですが
信州の方に(記憶は定かではありませんが)
「積木おじさん」と呼ばれている方がいらっしゃるそうです。
本職は家具職人。家具を作って残った木切れで
積木を作り出したのがきっかけで
今では色々なイベント会場や学校に呼ばれるようになったとか・・・。

そのおじさんには素敵な積木哲学というか
指導方があり、私はすごく感化されました。
そのおじさんは最後にはみんなでひとつのものを作ります。
そして、それをみんなで崩しておしまい。
っていう感じでした。
子どもって作る行為も好きですが
崩す行為も大好きです。


さて、ここが問題です。
私はそのおじさんが最後にした
高く出来上がった積木の塔を
子どもたちみんなで歓声をあげて崩す様子が
とても楽しそうに思えました。
崩すといっても所かまわず崩して破壊していくのではなく
子どもたちが自分でひとつ決めた積木を
「せーの」で同時に抜くという方法です。
数人が1個ずつ抜くので積木は崩れますよね。
そういう崩し方です。


それを次の日職場で話をすると
反対意見がでました。
その先生は以前に受けた研修で
どこかの偉い先生が
「破壊する行為はさせない方がいい」と言われたそうです。
出来上がった積木をお片付けする時は
その作品を大事に扱って欲しい。
だから上から順番に積木を取っていって片付ける方が良いのでは?
と言われたそうです。


さて、みなさん。
積木の片付け方。
どっちがいいと思いますか?



最後におまけで子どもたちの作品をどうぞ 


つみき

アッ!ハ!ハッー!ふきだして笑う

はぁ~ 憂鬱


数日前
ドラマ「白夜行」を見るべきかどうか
原作を先に読むべきかどうか
大変世間をお騒がせ?した私ですが・・・

思い切ってビデオに撮っておいたドラマを見ました。
子どもが空きビルで遊んでいるシーンを観て
ガーーーーーーっと
記憶が甦りました。


私、この本読んでました


これで無事問題解決!
安心してドラマを見ることができます。


もう記憶力がなくなってきたようで
申し訳ございませんでした。

脳を活性化させるべく、あのゲーム買おうかな?




2006.01.17 私の才能?
前々回のブログで
子どもの才能を紹介させていただきました。


世の中の皆様は
保育士って仕事は
ある程度、絵心もないといけない
って思われているのではないでしょうか?
私も保育士になるまでは
そう思っていました。

でも私は絵心よりも
保育士になりたい思いが強く
自分に才能がないことなどそっちのけで
保育士になってしまいました
だから困ったもんです・・・。


そんな私の落書きです


お絵描き トロル


まー、何て素晴らしいお絵描きでしょ

子どもたちと人形劇を見て
その中に出て来た「トロル」という
怪獣?化け物?を記憶を頼りに書いたものです。


本物の写真は著作権とかあったら困るので
ここでは控えさせていただきます。

実物は見ない方がいいとも思うので


2006.01.15 バトン。
羅夢さん からバトンがまわってきました。

今日はそれをやってみたいと思います。

何だか異性バトンというらしく
自分とは反対の異性になって答えるらしい。

では・・・男にへ~んし~ん!!



【Q1.朝起きてすることは?】
   先に謝っておきます。下品でごめんなさい。
   立ちション!

【Q2.職業は?】
   サラリーマンかなぁー


【Q3.どんな相手と付き合いたいか?】
   優しくて家事が好きな人

【Q4.自分の自慢できるところ】
   前向きな所

【Q5.どんな格好してみたいか?】
   タキシード着てみたい。
   または上半身裸。

【Q6.どこに行ってみたいか?】
   男だからって理由では特になし

【Q7.もし本当に異性に生まれ変わったら自分と付き合いたいか?】
   つきあってみたいと思う。
   でもつきあって幻滅して別れる(笑)

【Q8.このまま生まれ変わった方がいいか?】
   いえ、いえ。まだまだこの人生まっとうしておりませんので。

【Q9.次に回す5人】
   誰か受け取ってください!!
   お願いします。


2006.01.13 才能。
走るのが得意な子。
字を読むのが得意な子。
プライドの高い子。
恥ずかしくって人前ではかたまってしまう子。
甘えるのが上手な子。
好き嫌いのない子。
何にでも挑戦できる子。
声の大きな子。
おしゃべりが得意な子。
気が利く子。
人の気持ちをやわらげる子。

人それぞれ才能がありますよね。
私が時々紹介する子どもの会話にも
それは現れていると思います。

全ての才能をここで紹介するのは難しいですが
今日は写真が撮れたので
兄と妹が共通して授かった才能を紹介したいと思います。





お絵描き 1

妹(3歳児)のお絵描き。



お絵描き 2

兄(5歳児)のお絵描き。


お兄ちゃんの方は絵本や図鑑を見て描いていました。
妹の方はその横で自分の好きな絵を描いていました。

2006.01.08 「秘密」
東野圭吾さんの「秘密」を読みました。
以前にでるたさんに教えていただいてから
東野圭吾さんの作品を何冊か読んだのですが
この「秘密」はとっても切なかったです。

そういえばこの本は映画化されてましたね。
映画は観ていないので
本と全く同じ内容なのかどうかはわかりませんが。

本当に切なかったです。
私だったらどうしただろう?
嘘をつき通す、知らないふりをし通すなんていう
究極の愛は私には持てないような気がします。
そういう「愛」を知らない私は不幸なのかもしれません。


ところで今度
東野圭吾さんの「白夜行」がドラマ化されますね。
確か今週から放送が始まるはずです。
このドラマを見るべきかどうか悩んでおります。
まだ「白夜行」を読んでいないので正直な所、見たくありません。
私はドラマや映画を見てしまうと読む気がなくなっちゃうんです。
反対に原作を読んでから見るっていうのはOKなんですが。
ただし、原作で感動したものは映像ではなかなか感動できないです。
幻滅する方が多いですね。


昔「赤毛のアン」のシリーズが大好きでした。
映画化されたのでとっても楽しみに観に行きました。
ところが、ガックリ 悲しい
「赤毛のアン」の文章の間から感じる微妙なものが
映像では全然伝わってこなかったんです。


さぁ、「白夜行」観ようかなぁー、どうしようかなぁー うーん…


2006.01.07 雪。
今日は朝から雪が降りだし
みるみるうちに真っ白になっていきました。

そんな中
今日は用事があって出かけたのですが
歩いているうちに靴は真っ白
鞄も真っ白
歩くたびに新雪の中に足首まで入るという状況。
長靴はいて来れば良かったぁー
なんて本気に思ったほどでした。

歩きながら携帯で撮った写真なので
ボケまくりですが
↓こんな感じでした。


雪景色




しかし
長靴をはいてこなくて良かったと
すぐに思い直しました。
電車に乗って数駅・・・トンネルを越えると
雪なんて積もっちゃーいなかった!
降ってもいない!?
長靴はいてたら目立ってて恥ずかしかったトコでした


2006.01.06 七草粥。
明日は1月7日ですね。
七草粥をいただく日であります。
もちろん我家でも毎年七日には七草粥を食します。

明日は土曜日なので
保育園では今日の給食が七草粥でした。


保育園では給食を食べる時間
要するにお昼ご飯の時間も私たちにとっては
仕事の時間です。
OLのように財布を小脇に抱えて
どこでランチする~なんてオシャレなことはできません
お昼休憩なんてないのであります。


食事の時間も保育の時間です。
特に今日は七草粥。
これについて下調べをして
子どもたちの前では
必死で七草を覚えたなんて顔は絶対に見せてはいけません。

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」


さぁ~、みんなは覚えられたかな?
ひとつだけでもいいから覚えてみようね。


先生「Kちゃん、何か覚えられた?」

Kちゃん「うん!クツベラ!」


きっと堅くて、お正月で疲れた胃には悪いと思うのですが・・・



皆さんのご家庭でも七草粥は食べますか?
地方によって違いとかあるのかな?

2006.01.05 初仕事。
朝が起きられなかった~!
めっちゃ眠かった~!
今朝になって年末から保育園に
忘れてきたものがあるのに気がついた~!


とシャキッとしないまま初出勤しました。
子どもたちもまだ全員揃わず
登園してきた子どもは少なかったです。



お正月休み明けならではの
子どもの様子を少しご紹介させて下さい。


父方の実家の○○県に帰省していた4歳のRくんは
○○弁が混ざった話し方になって帰ってきました。

私「Rくん○○弁ってどんなん?」
Rくん「弁ちゃうで!県やで!」
私「そうじゃなくって・・・○○県の人の喋り方のこと。
      ○○県の人ってどんなしゃべり方しはるん?」
  (この先生何言ってるん?って感じの目)
Rくん「・・・日本語やで!」



はい、確かに日本語であります。




今日は雪が舞い散る中、子どもたちと図書館に行きました。
図書館で手袋の片方が落ちていたので
4歳のSくんに図書館のお姉さんに渡して来てもらうように頼みました。

私「落し物ですって渡してきてくれる?」
図書館のお姉さんの所に行ったSくんは・・・

Sくん「すいません、これ、おとしだまです!」



おとしだまだったら私が欲しいです



明日、仕事に行ったら3連休です。
またダラダラモードに入り
今日開始したばかりのダイエットは休憩になりそうです


2006.01.04 食い意地。
また、去年から引きずった話になりますが・・・。


クリスマスに体調を崩し
ケーキさえ満足に食べられなかった恨みが
年を越してもずっと引きずったままでありました。

そこで今日はお正月休みも終わりということで
チーズケーキを焼いてみました。
上の部分が少々こげてしまったので
そこの部分をこそげ取ってから 
記念写真を撮りました 


チーズケーキ




うん。これで マ・ン・ゾ・ク 



さて、明日からは仕事です。
そしてダイエットも開始です


またまた去年の話です 



年末大掃除をしていた娘の部屋の
クローゼット奥深くから発見されたものがあります。


こちらです
  ↓
  ↓
  ↓
覚えていらっしゃいますか?
  ↓
  ↓
  ↓

ファービー


ファービーです!


確か娘が小学生の頃
ねだって、ねだっておじーちゃんに買ってもらったもの。
懐かしさのあまり
電池を入れて動かしてみました。


動くじゃないですか。
「ファー・・・ボクネムイ・・・モット・・・」
と言って寝てしまう日々が続き
昨夜の夜になってから
やっと歌をうたったりしだしました。
でもまたずーっと寝てます


はて?
もう遊び方なんて忘れてしまいました。
どうすればこのファービーちゃんは育っていくのでしょうか?
昨日に引き続き去年の話です。


クリスマスに寝込んだため
娘とクリスマスプレゼントを買いに行く約束が
年末になってしまいました。
娘へは以前から欲しがっていたジャケットを買いました。
そして
娘から私にもプレゼントがありました 



もらっちゃいました!


押尾コータロー



押尾コータローさんのCDです。
私はこの人のギターが大好きで
メジャーデビューする前からのファンなんです
年末はずっとこのCDを聴きながら
掃除したりおせち作ったりしてました


お正月2日目にして
早速、去年の話をしたいと思います

クリスマスの時期から体調を崩し
そのまま年末の慌ただしさにまぎれてしまい
お話できなかったことです。


買っちゃいました!

ポットくん


以前にSmileyさんのブログで紹介されていたものです。
買い物に行って見つけて買っちゃいました。
多分同じものだと思うのですが?
このポットのお気に入りは口が大きく湯が注ぎ入れやすいところ。
シンプルな形と色合い。
そして一番のお気に入りは
ふたの下にかすかに見えるブルーの色です!

写真の向こうに映っているのは
娘のなぁーと娘があけた壁の穴です

2006年がはじまりましたね。
昨年お世話になった方々、これから出会うであろう方々
今年もどうぞ、どうぞよろしくお願いします。

毎年お正月は家で過ごす事が恒例となってる我家。
私の実家は車で2時間ほどの所。
車がないので高速バスか電車で帰省すればいいのですが
ものすごーく混むのと
お金がないのとを理由に帰省しておりません。
本当に親不孝ものですね・・・。
もう少しマメに実家に帰ろうと思った今日であります


さて昨日から頑張って仕込んだおせちは
娘と二人で食べるには多すぎた
しばらくはこれで生きていけるぞ!って感じです
私は一人でお屠蘇をいただきヨッパライ
娘と二人で飲めるようになるには後何年?
と指折り数えたのでありました。


おせち




何度も、何度もお願いしますが

今年もどうぞよろしくお願いいたします 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。