上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、自閉症ってご存知でしょうか?
言葉だけでなく症状などご存知でしょうか?

私が今、担当している子どもは軽度の自閉症児(以後Sくん)です。
自閉症は脳の障害です。
障害として認知された歴史は比較的浅い方です。
私も毎日Sくんと向かい合い、試行錯誤の連続です。

私が時々お邪魔させていただいている
「kokutoukarinto blog」の政道さんには
NAOくんという子どもさんがいらっしゃいます。
NAOくんは自閉症です。
その政道さんのブログで
奥さんの勤め先の社長さんとの出会いが書かれてありました。
私はすごく感動しました。
読みながら、泣いてしまいました。

まだ自閉症そのものに理解がない時代に
障害のある子どもと共に生活していける社会を作られた一人だと思います。

私は仕事柄、どこかの病院の偉いお医者さんや
養護学校に○○年勤めてこられた先生や
療育室で発達相談をしておられる先生や
それは、それは、たくさんの症例を見てこられた先生方の
講演会や勉強会に参加する機会が多々あります。
でも、いつも感じるのです。
勉強になる話はいっぱい聞けたけど
たくさんの症例があることを知ったけど
私の目の前にいるSくんにはどうすればいいの?って感じるんです。
偉い先生方の話は確かに勉強になります。
でも、それは統計学ではないのかと感じる時があります。
たくさんの聴講者を相手にするのですから
統計で話さないといけないのはわかるのですが・・・。
しかし、現場にいる私たちが聴きたいのは統計学ではなく
「この子に対してどうすれば良いか」なのです。
私たちだけでなく障害児を持った親御さんたちもそうだと思います。
私が知る限り、障害児を持った親御さん達は複数の療育機関、複数の病院、
複数の相談者を求め歩きます。
子どもの障害を少しでも否定してくれる人を求めて。
または自分達の心に寄り添ってくれる人を求めて。
それは、きっと当たり前のことでしょう。
私だってそうするでしょう。

でもこの社長さんはすごいです。
障害のある息子さんとともに生きてこられて
道を切り開いてこられた、この人の話が聴きたい。
他にもたくさんいると思うのです。
障害を持った子どもと一緒に血のにじむような思いで
生きてこられたお母さんたちの話が聴きたいです。

きっと偉い先生方とは全然違うすごさがあると思います。
生活に寄り添った勉強会、研修会ができるのではないかと思います。


偉い先生方のことを否定しているわけではないのです。
そういう先生達も絶対に必要です。

でも、毎日一緒に生活している者としては
もっと小さなことから教えて欲しいのです。

うまく文章にできませんが
例えば日本で一番といわれている産婦人科のお医者さんがいるとしましょう。
でも、そのお医者さんが男の先生だったり
出産経験のない女の先生だったらどうでしょう?
医学的なことは説明してもらえるかもしれませんが
出産の痛みや苦しみや、その後の喜びについて語れるでしょうか?
もちろんお医者さんは必要です。
でも痛い時に「大丈夫よ」って言ってくれる経験者がいれば
どんなに心強いことでしょう。


保育士も同じです。
園でたくさんの子どもたちと接していますが
何人もの子どもさんを育てあげた母親には勝てません。


本当にとりとめのない話になってしまいました。
ごめんなさい。
何が言いたいのかもわからないですね。
文章力がもっと欲しいです。


最後に私が20年ほど前に目にした文章で
忘れられない一言を紹介して終わりにしたいと思います。

息子さんがダウン症と診断されたお母さんが
とある雑誌に寄せておられた言葉です。

 「私は息子をダウンの星にしてみせる」

前向きな強いお母さんだと20年前の私は感動しました。

20年たった今の私は星にならなくてもいいよって思います。
あなたはあなたらしくと思います。
そして家族にとってあなたは生まれた時から星だものね。
障害があろうとなかろうとかけがえのない子どもです。
私の娘も私にとってかけがえのない存在です。



スポンサーサイト
保育園で子どもたちと楽しくおやつを食べている時
私は奈落の底に突き落とされてしまいました・・・。



F先生「みんなはお父さんやお母さんの歳知ってるの?」

Aちゃん「お母さんは、40ぐらいかなぁ~?」

  Aちゃんのお母さんは早くに結婚しているのでどう考えても
  20代半ばです。

F先生「うっそー。違う。違う。Aちゃんのお母さんは25歳くらいでしょ」

  Aちゃんはお母さんのことは「ママ」
  おばあちゃんのことを「あかあさん」と普段呼んでいます。

私「あ、もしかしておばあちゃんの事言ってる?ママの歳やで」

A「ううん。ママ。」

私「じゃ、Aちゃん間違ってるわ。ママは25歳くらいやで。」


  その会話を聞いていたNくん。

Nくん「そうやんなー。40いくつって、もうおばあちゃんやんなー」


私「お、おばあちゃんでごめんね・・・」


F先生「Nくん、大変!何かちょっと怒ってる人がおるで!」

Nくん「へ?」


まー、4歳、5歳の子どもにしたら40代なんておばあちゃんでしょ。
職業体験にくる中学生がお姉ちゃん先生だからね。
40代なんてそりゃー、おばあちゃんですよ
ウル、ウル・・・ 


私は空想の世界に入るのが得意です。
「ロード・オブ・ザ・リング」を観たあとは
ホビットの旅の安全をずっと思い続けてたり
「千と千尋の神隠し」を観たあとは
画面の片隅に出て来た色んなキャラクターが
しばらく私のまわりを走ったり、歩き回ったりしておりました。

昨日はテレビで「ハリー・ポッター」を観ました。
数日前に「西の魔女が死んだ」を読み終えておりました。

そのせいで、布団の中に入っても魔法が飛び交い
眠ることが出来たのは1時間ほどでした。
しかし、魔法使いにとってこの睡眠不足は
テンションをあげるのに効果があります。


今、私は魔法使いになっております?
今日使った魔法をご紹介いたしましょう。





保育園で5歳の男の子がしゃっくりをしておりました。


そこで魔法使い(私)の登場です。



私「Rちゃん、ちょっと来て。○○って○○○○○・・・?」

Rちゃん「えーっと、○○!」


あ~ら不思議!

この魔法の呪文で彼のしゃっくりはピタリと止まりました。



Rちゃん「なんでー? なんで、しゃっくり止まったん?」

私「先生が魔法をかけたからやん!
    昨日はハリー・ポッター観て魔法の勉強したしなー」



むふふ・・・。
この魔法は誰にも教えられませんぞ 



何の花?




以前に「これ何の花か教えて下さい」ってお願いして
色々な方に教えていただいたままになっておりました。



大変遅くなりましたが
何の花かわかったので一応ご報告しておきます。


20051120202827.jpg






そうです。

すいか

でした。



小さなプランターの中で芽を出してしまったので
これ以上は育つ事はなかったのですが
小さな小さなすいか模様を見せてくれました


巷で少々話題になっている本

「西の魔女が死んだ」を読みました。

話題になっていたのでワクワクしながら

ページをめくった。

字も大きく

ページ数も少ない

これはやはり子どもだましの本なのかと

ページをめくりながら思った。

「子どもだまし」は失礼ですね。ごめんなさい

子ども向けの本かな・・・と思いつつ

読み進んだ・・・。

最後のページで涙が落ちました。



とても奥の深い物語だと感じました。

大きな感動もない

大きな悲しさもない

ただ

そこに

普通の言葉が連なり

静かな感動があり

静かな涙が流れました。

その普通さ、静かさがすごいと感じました。


2005.11.20 強いみかた。
季節の変わり目でアレルギーに悩まされてました。
最近は落ち着いてきたので一安心。
しかし、私のアレルギーは強敵で
次はいつ登場するかわかりません。




紫蘇ジュースを飲み始めて
約2年で症状がとても軽くなりました。
赤紫蘇が出回る時期は自分で作るのですが
それ以外の季節では
北海道から取り寄せて飲んでおりました。




しかし
離婚して経済的に苦しくなり
お取り寄せジュースは少々値がはるので
最近は飲んでおりませんでした。

そのとたん
今回のアレルギーだったので
やっぱり紫蘇ジュースは私には欠かせない!




今回、初めて青紫蘇(大葉)でジュースを作りました。
赤紫蘇の方が色も綺麗で効果も高いけれど
青紫蘇もそれなりにおいしいです


病院でもらった薬が効いて
昨日は調子が良かった。
治ったかな?なんて簡単に考えて
今朝は薬を飲まなかったら
やっぱり調子が悪くなった・・・。


昨日は夜の9時頃に
洗いものをしようと思って
給湯器のスイッチを入れたが
すぐにエラーが出てお湯が出なかった。
お風呂にお湯も入れられない!
仲介の不動産屋さんに連絡を取りたいものの
もう誰も電話に出ない・・・。
お風呂はガマンした
真冬でなくて良かった 


今朝、一番に連絡を入れて調べてもらったところ
今、このアパートの外壁塗装をしていて
その汚れ防止のため給湯器にカバーをしており
空気取り入れ口(?)の所は開けておかなくちゃいけないのに
ウチの給湯器だけきれいに全部カバーされていたらしい。
それが原因でエラーがおき、お湯が出なかった
ということで無事解決。


しかし、朝、お湯が出ないとブルーになりながら
朝食の後片付けの洗いものをしていた私は
手をすべらせてコップを落としてしまい
そのコップで右手の親指と人差指の間を
スパッと切ってしまった
それも4cmも!(測ってみました)
あわてふためく私を横目に
娘、なぁーは落ち着きはらい
普通サイズのバンドエイドを切りつなぎ
長さ4cmの傷に対応できるバンドエイドを作ってくれました。
出勤する頃には血も止まったのですが
仕事終わり頃には多くの子どもたちの
愛の握手や、愛の羽交い絞めや、愛の行動阻止などで
血がにじみ出ておりました


何という不運続き・・・
これは御祓いでもした方がいいかな?


おまけに冷蔵庫までご機嫌ななめ。
氷ができない。
真夏でなくて良かった 



2005.11.14 絶不調。
健康診断の日から
またまた調子が悪い。

ずっと快調とまではいかずとも
薬を飲めば夜も眠れるし日々過ごせていた。

しかし、健康診断の日から何となく調子が悪い。
健康診断では体重が落ちていて体脂肪も標準範囲内で
よ~し!と心の中でガッツポーズ 
おまけに看護士さんの計り方が良く(?)身長まで伸びていた

良かったのはここまで
その後はボロボロ・・・。
診断結果は出てないものの
お医者さんとの会話とか、自分でもわかる異常でどんどん落ち込んでいき
最後に飲んだバリウムでとどめをさされ・・・。

その時からずっと胃に不快感があります。
昨日は午前中気持ち悪かった。
午後には持ち直して、夕方からまた気持ち悪かった。
今朝は好調で、やっと戻ったかな?と思ってたら
昼食前から気持ち悪くなり
そのままずーーーーーーーーーーーっと気持ち悪かった。

今日は研修に出ている先生が数人おり
保育を変わってもらうわけにはいかず
子どもたちには「う~、先生気持ち悪いわ~。しんどいわ~」と
正直に打ち明けた。
日頃から優しい子どもたちは
「先生、大丈夫?」なんてありきたりの言葉はかけません。





「ほんなら先生、今日は怒らへんな?」


ですって!


「いいや!しんどくて動けないから座ったまま大声で怒るよ!」


とお返事しておきました



しかし、仕事が終わる時間になると元気になった私は何なんでしょう?



11月も半分が過ぎようとしています。

皆様、年賀状は買われましたか?
私は毎年、発売日にすぐに購入していたのですが
今年は離婚して初めての年賀状になるので
何だか気持ちがのらず、年賀状に気持ちがいきません。
でも、仕事関係などは出さないワケにはいかないので
そろそろ気持ちを向けないと・・・と思ってます。


って、私が今日書きたかったのは年賀状のことではなく
もうすぐ12月。
クリスマス、年末、正月・・・

あなたはこの時期、どう感じますか?
もうすぐクリスマスだなぁ~
ですか?

それとも
あ~、もう1年が終わるな~ 
ですか?






2005.11.11 また、失敗。
今日は健康診断。

何も食べてはいけないのよ。

何も飲んではいけないのよ。

と自分に言い聞かせ起床。

そして娘の弁当作り。

はぁー・・・

自分が食べられないのに

作らなきゃいけない辛さ・・・。

娘のお弁当箱におかずをつめる・・・。

う~ん、一品足りないな~

お弁当箱に隙間ができるな~

あっ、そうそう

こんにゃくと平天があるから

甘辛く煮付けよう・・・

砂糖入れて~ 醤油入れて~

お味はどうかしら~

カプッ!



食べちゃった・・・。

ビ・びょういんではナイショにしとこ・・・







おかげさまでおとがめなしでした。


あー、あせった 


お茶飲みたい  
水分が欲しい   



明日は年に1回の健康診断のため
今日の20時以降の飲食禁止です。


相変わらず買い物にも行かず
冷蔵庫の中にある食材で夕食を何とかしようと考えて
キャベツと卵と粉がある。
天かすも少しあるし、紅しょうがの買い置きもある。
豚バラ肉も冷凍庫で待っている・・・


という事は・・・


もうお気づきでしょうが
「お好み焼き」を作りました。

しかし、うっかりしておりました
お好みのソースは喉がかわく


でも20時以降の飲食は禁止・・・
飲食だったかな?食事だけで水分はとってもいいんじゃなかったっけ?
もう一度説明書を読む・・・
やっぱり飲食禁止。
インショクって事はインもショクも禁止。
飲むのも食べるのもダメってことよね


こんな日はとっととお風呂に入って
早めに寝ちゃいましょー。

と言うことで
明日は午前中が健康診断、
仕事は午後からです。


完全復活とまではいきませんが
何とかお薬で症状をおさえております。
何だかアレルギーと風邪と
その他変なものがくっつき
いつになくしんどい日々を送っております。
しばらく紫蘇ジュースを飲んでないからなー。
おまけに娘は耳の中に何かができて
昨日、切り取ってまいりました。


しかし、家庭や生活がすさむのは簡単ですね。

しんどくて寝込む
   ↓
洗濯物がたまる
   ↓
掃除をしない
   ↓
部屋がちらかりゴミだらけになる
   ↓
手抜きごはんになる
   ↓
買い物に行かない
   ↓
コンビニ食が登場する
   ↓
布団を敷いたまま
   ↓
今夜はお風呂もパス
   ↓
ちらかった部屋やいい加減な食事にイライラする
   ↓
もう、どうでも良くなる


という展開です。


娘のために少々弁解しておきますが
なぁーはご飯も作ってくれるし
掃除もしてくれますが
平日は学校やバイトがあり
掃除をする時間も食事を作る時間もありません。
今回は本人も耳の調子が悪かったので
たちまち、生活がすさみ
人生どうでも良くなってしまいそうでした。

人間って食べるものが大切なんだなーって
実感した日々でした。


最後になってしまいましたが
心配してコメントを下さった皆様ありがとうございました。
また無理をせずマイペースでやっていきたいと思いますので
今後ともよろしくお願いいたします。


季節の変わり目のせいでしょうか

多分そうですね。

ここ数日体調を崩しております。

アレルギーが強く出ておりまして

2日ほど満足に寝ることさえできませぬ。

睡眠不足でヘロヘロであります。

コメントを下さった方々には満足にお返事もできず

申し訳なく思っております。

しばしご勘弁を。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。