上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は保育園で保育士の仕事をしていますが
今年度は加配保育士をしています。

加配という言葉になじみのない方もいらっしゃると思いますが
加配とは障害のある子どもにつく保育士のことです。
担任の先生は別に2人います。


私が担当しているのは5歳で軽度障害の男の子です。
重度の障害は重度で難しいところがあるのですが
軽度は軽度でとっても難しいです。
みんなと同じコトができないのは
障害のためなのか、ただ単にふざけているだけなのかを
見極めるのがとっても難しかったり
保護者はやはり「いい方」に考えたいので
集中力がなかったりすることを「性格」だと思われます。


ここ数日、毎日運動会の練習をしているのですが
集中できない、並べない、覚えない・・・
色々な方法を使うけれどなかなか効果が見られずで
毎日頭を悩ませております。
そして知らず知らずのうちにストレスがたまってきます。

そんなストレスを他の子どもがほぐしてくれます。
昨日のような「ほうれんそうをおそう」話があったり
5人連続でウンチに行かれて
5人連続でお尻を拭かせていただいた時には
鼻が曲がりそうになりながらも
いっぱい笑わせてもらえます


このブログを始めた時
担当しているSちゃんのことを
Sちゃんの成長を書き留めていこうと思っていたのですが
ものすごく私的な感情が入りこんでしまうので
うまく文章にまとめることができないまま今日まできました。
まだ、Sちゃんと私の間に壁があるのでしょうか?
お互いに心を許していないのでしょうか?
ちょっとスランプです




残された時間はあと半年。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。