上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の18時過ぎのことです。

数人の子どもが保育士に本を読んでもらっていました。
その横で引継ぎのための連絡事項を記入していた私。

その本の内容が聞えてきます。
なんと昔話のこわ~い話。
おばけの出てくるお話です。



そこで私の悪戯心に火がついてしまいました。
私はすぐに火がつきます(笑)

本に集中している子どもたちの後ろ側に
そーっと忍び寄り・・・




「わぁ!!!」

と背中にタッチ!


ここで笑いが起こるはずだったのに
一人の子どもが泣き出してしまいました。



平謝りに謝りました。
「ごめんなさい」



今度からはメンバーを見て
悪戯することにします(^^)

スポンサーサイト
2008.06.02 今日の給食。

さぁ、楽しい楽しい給食の時間!

「今日のメニュー言うよ~」

「はぁ~い」



いつも給食の時、いただきますのご挨拶の前に
今日のメニューを言います。
子どもたちに
このおかずはこういう名前だよって伝えることも
大切な保育だから。



さぁ~て、今日のメニューは・・・
献立表を見て・・・


「わけめスープ」


えっ!?


パソコンでの打ち込みミスですね。
本当は「わかめスープ」でした(笑)



もう、先々週の土曜日のことになるのですが
その日に痛めた右腕の痛みが取れません。


その日、保育園には
ずっとぐずって、ミルクを全く飲もうとしない赤ちゃんと
全力をふりしぼって大泣きする2歳の子どもがいました。
私以外の保育士は1~2年目の若い保育士ばかり
それも乳児に慣れていない先生ばかり。
大変だったのは午睡の時間
子どもって眠くなると泣くでしょ・・・
眠たければ寝ればいいのにって単純に思うけれど
眠ければ眠いほど大泣きする子がいます。
この二人もそうでした。
私も二人を一度に見ることはできなかったので
まず、赤ちゃんの方を抱っこでユラユラで眠らせ
そのあと2歳の子どももだまし、だまし抱っこでユラユラ・・・
無事、眠りについてくれたのですが
私の右腕はパンパン!
筋肉痛は覚悟していたのですが
それ以上のダメージを受けていたようです。
右手で重いものを持つと痛いし、力も入りません。今だに。


保育士の職業病として一番に思いつくのが腰痛。
私は色々病気は持っているものの
肩こり知らず、腰痛も人生で2~3度感じたくらいです。
筋肉とか骨とかには自信があったんですがね・・・


やっぱり年齢には勝てないし
自信過剰でいると突然襲われてしまうのかもしれないですね。
それに仕事以外で体を動かしてないし(って言っても仕事で相当、動かしてますが)
少しは運動して
自分をいたわらないといけませんね。




2008.05.20 もどって~。
保育園の園庭で遊んでいた時のこと。


私が怪獣に変身し
子どもたちを追いかけまわしていました。


ガオ~!ガオ~!



子どもたちは大喜びで
キャー、キャー逃げ回ります。

よ~し!と私はテンションをあげ
迫真の演技で怪獣になりきります。



ガオ~!ガオ~!




園庭のすみっこに逃げた2歳のSくん
「いや~、先生にもどって~」と
泣き出してしまいました。


ごめんね。少し演技力があり過ぎたようです(笑)

2008.05.15 はずかしい。

正直に告白します。
保育士という仕事をしながら
私はピアノが少々苦手であります。

そして今までは若い先生に
ピアノは全部まかせていたので
保育園でピアノを弾く機会はあまりありませんでした。


しかし、今年からは一人で保育に入ることが多く
そうなると朝の歌やお帰りの歌などは
私以外に弾く人はいません。

練習しましたよ。
家で毎日。
それでもまだまだ上達しません


2歳児といえども
子どもたちの前で弾く時は緊張してしまいます。


ある日、ピアノを弾いていると変な視線を感じました。
ふと見ると入り口のドアの隙間から
誰かが覗いています。

この春に卒園した男の子です。
妹のお迎えにやってきて
偶然にも私がピアノを弾いて
しかも間違えた場面を目撃して
「ヒッヒッッヒッ」と笑っていたのです!


「キャァ~、恥ずかしいやんか!見んといて~!」と叫んだ私です(笑)


2008.05.07 こいのぼり。
連休も終わりました。


そろそろ
保育室の飾りつけも変えないとね。


こいのぼり


私は今、2歳児のクラスを担当していますが
その中でも新入園児は1名だけ。
他の子どもは0歳の時から来ているので
保育園は慣れたもの。

でも新入園児のAちゃんはそうはいきません。


親と別れるときは涙。
御飯も食べたくない。
午睡はしない。
外が薄暗くなると「ママ遅いよ~」と涙。


仕方ないよね。
だって、まだ2歳。
生まれて2年しか経ってないんだもんね。


午睡はしないと頑張って
みんなが寝ている横で一人で遊んでいても
2歳だから次第に眠くなってしまう
でも寝たくない・・・の葛藤で涙。

私はAちゃんを抱っこして
「先生、眠たくなってきたから、Aちゃんのお布団貸してくれる?」
コクンとうなずくAちゃん。
「じゃ、先生寝るし、Aちゃん隣で一緒にゴロンしてくれる?」
コクンとうなずくAちゃん。


一緒にお布団に横になって1分も経たないうちに
寝てしまうAちゃんです(^^)


午睡から起きて、他の先生に
「Aちゃん、賢いな~、ちゃんとお昼寝したん?」
と言われてAちゃんは
「寝てない!」と言い張る。


その先生はAちゃんが寝た経過を知らないのです。


「違うよな~。Aちゃんが寝たんちゃうよな。先生が眠たかったから
                         一緒にゴロンしてくれたんやな」
コクンとうなずくAちゃん。


悪魔でも自分は寝ていないのです。
眠たい先生につきあってあげただけ・・・らしいです(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。